Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

12月 21日

【ビギナーさま向け】法務局ってどんなとこ?

sakura_blog_1221

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディング運営事務局のMIKIです。
 
今回は、さくらソーシャルレンディングでも登記等でお世話になっている法務局についてお伝えします。
 
皆さまにもお馴染みは少ないと思いますが、法務局は法務省の地方支分部局のひとつで、全国に約500ヶ所あり、平日の8時30分から17時15分に窓口受付を行なっています。
 
この法務省がどんな業務をしているのかは次の通りです。
 
・不動産登記・・・財産である土地や建物の所在・面積、所有者の住所や氏名・権利関係などを登記し、権利関係などの状況が誰でもわかるようにすることです。(登記事項証明書や図面・地図の写しの取得も可能です。)
 
・会社・法人登記・・・会社・その法人の役員や目的など取引上重要な事項を登記・記録しこれを公開することで商取引や営業活動の円滑と安全を図る役割を果たしています。また、会社や法人は設立の登記をすることによって法人格が付与されることとなるので必ず登記が必要です。法人の登記事項証明書や印鑑証明書を取得できるのも法務局です。
 
 会社)株式会社、特例有限会社、合同会社、合名会社、合資会社等
 法人)一般社団法人、一般財団法人、NPO法人、共同組合等
 
・国籍・戸籍・・・戸籍の事務は市町村役場が扱うイメージですが、法務局では全国で統一した処理が行われるよう市町村に対して助言や指示を行ったり、日本国籍取得に関する外国人からの帰化許可申請、国籍取得届や日本国民からの国籍離脱届の受付、審査なども行っています。また、成年後見に関する登記や証明書等の発行も法務局での手続きです。
 
・供託・・・供託とは一定の目的のために法律に基づいて国(供託所)に金銭や有価証券などを預けることを言います。弁済や営業保証・選挙供託などがあり、その際には法務局が金銭や有価証券を預かります。
 
・人権擁護・・・人権擁護委員会と協力し人権に関する相談や人権侵害による被害者の救済手続きも行い、人権教室や花運動、人権作文コンテストなどを通じて啓発活動も行っているそうです。相談無料・秘密厳守で「人権110番」や「人権ホットライン」などの相談業務も取り扱っています。
 
・訟務・・・国をめぐる裁判が起きたときは、所管する行政機関が個別に対応するのではなく法務局職員が国の代理人となって統一した方針の下で訴訟活動を行うそうです。また、行政機関からの法律相談に助言を行い、国の行政等をめぐる紛争を未然に防止しています。
 
このように、法務局では様々な事務を取り扱っています。
 
登記の関係はインターネットを利用したオンライン申請や画面上で確認することもでき便利になっています。登記事項証明書や印鑑証明書の取得できる場所というイメージでしたが、その他にもたくさんの事務を担ってくれています。
 
次回はさくらソーシャルレンディングの案件でも出てくる不動産登記についてお伝えします。
 
さくらソーシャルレンディングは、今後も前回の公証役場での公正証書や法務局での登記なども含め、必要な保全をしっかり行い、その契約書類や登記・状況等はmaneoマーケット様に提出し、確認して頂いております。投資家の皆様の資産を安全に運用することを大前提に、事業家さまと投資家さまの相互にメリットをご提供できるよう努めて参ります。
 
今年もあと少し、お忙しいことと思いますが体調万全で来年を迎える準備をして下さいね。私のブログは今回が年内最後になります。今年一年間も大変お世話になり、ありがとうございました。さくらソーシャルレンディングも今月で3周年目に突入です。一歩一歩着実に頑張って参ります。来年もよろしくお願いいたします。
 
 
さくらソーシャルレンディング
事務局 MIKI

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.