Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

9月 11日

【重要】北海道地震による募集案件への影響について

71773

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
北海道で6日未明に発生した「北海道胆振(いぶり)東部地震」におかれまして、被災に遭われた皆様方には心よりお見舞い申し上げます。
 
毎年のように日本各地で自然災害による大きな被害が爪痕を残していますが、今年は特に豪雨・台風・地震と日本列島を縦断する様に立続けに被害を拡大させていったように思います。
 
そして、ご投資いただいております投資家さまより、投資先の案件が被害に遭われていないかなど、いくつか心配のお便りをいただいておりますので、今回はさくらソーシャルレンディングの募集案件への影響についてお伝します。
 
既に、さくらソーシャルレンディングホームページには「重要なお知らせ」としてニュースリリースをしています。
 
https://www.sociallending.co.jp/information/news?id=276
 
現在も「さくら北海道(札幌)セレクトファンド94・95・96・97号」を募集中ですが、この案件は「さくらソーシャルレンディングの定番案件」であり、「診療報酬の売掛債権」を扱う札幌に本社を置く事業者T社への案件です。
 
https://www.sociallending.co.jp/fund/detail?fund_id=287
 
今回募集の「94~97号」の診療報酬の債権先は福岡県福岡市と北九市の歯科の診療報酬です。
 
事業者T社の売掛債権を取扱う先は、全国各地へ分散されていますが、その中には北海道内の売掛債権先が4カ所ありました。幸いにもその事業所さまは大きな損害はなかったと報告を受けています。
 
T社 社長のコメント
「地震の揺れは大きく翌日会社に出勤してみると、書類が散乱していて、翌日は事務所の片づけに追われたけども、直ぐにお取引先にご連絡し状況を聞きました。幸いにも送金業務や契約などがなかったので、各事業所様へご迷惑をかけなくて済みました。各事業所様も停電による被害はあったものの、復旧後は通常通りに戻れるということでした。余震はまだあるのでこまめに連絡を取ってゆきます。」
 
次に、不動産担保物件としてリリースしていました、北海道岩見沢のゴルフ場とホテルの案件ですが、こちらも地震による建物施設などへの被害はありませんでした。しかしながら、停電により地震発生以来営業はできていませんでしたが、9月10日からは停電も解消され営業開始ができる状況になりました。
 
北海道の夏は観光客も多く、どこも行楽地として賑わいを見せていました。今回の地震によりここ数カ月は客足に少し影響はあるかもしれませんが、経営に関しては支障はないということです。
 
今回は地震発生による大規模な停電が、それぞれの事業者へ大きな影響を与えたようですが、それもようやく解消され、交通インフラの再開など、少しづつ平静を保てつつあるということでした。
 
中国四国の豪雨災害・近畿地方を襲った台風被害、そして、北海道地震と連日テレビなど報道で被害の様子を目の当たりにすると、いつどこに居ても災害に巻き込まれる可能性があるということを思い知らされます。また、我々が募集する案件もこういった災害に遭うかもしれません。そういったことも、十分に想定し案件の管理、リスク回避等もしっかり行ってゆきたいと考えます。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.