Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

11月 25日

アメリカ ロサンゼルスの投資事情!

アメリカ ロサンゼルスの投資事情!

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。早いもので、今年もクリスマスソングが流れる季節になりました。
 
私は、11月中旬より日本を離れ、アメリカの不動産事情と、ラスベガスのカジノ関連施設並びにラスベガス市が運営する巨大なコンベンションセンターの施設を見学してきました。
 
・・・さて、アメリカ カリフォルニアでマネオマーケットのプラットフォームを運営する事業者さんは、「アメリカンファンディング」さんと「ガイアファンディング」さんの2社がありますが、いずれも不動産を扱っている事業者です。
 
今回は、その1社「アメリカンファンディング( https://www.americanfunding.jp )」さんのロサンゼルス オフィスを訪問し、アメリカ不動産の事情を直接伺いましたので、その内容をお伝えします。
 
アメリカンファンディングさんとは、毎月2回「マネオマーケット主催の投資家セミナー
https://www.maneo.jp/apl/seminar?id=106 )」で、御一緒させていただいて、投資家の皆様の前で事業のご説明を行なっています。
 
アメリカンファンディングさんの角内社長は、日本の大学を卒業後アメリカに単身渡米。ロサンゼルスの不動産会社に就職し、在米13年経過し独立起業して8年目で、現在40歳という若い経営者です。
 
顧客の8割位が日本人で、主に不動産の売買仲介・物件管理・ローン仲介他など不動産専門で活躍されています。
 
伺ったお話の中で特に興味深かったのはアメリカのローンの仕組みです。
 
保険会社の代理店のような仕組みで、銀行ローンの斡旋を行なっている代理店が、営業窓口でローンの借り手の対応を行い、あくまでも銀行はお金を出すだけ。機械的に審査を行うそうです。銀行には営業窓口は置かないんですね。そのローンの代理店は融資額の一定のパーセントを手数料として受け取るという合理的なシステムだそうです。
 
オフィスはロサンゼルス空港から近いトーランスという町にあり、日系企業も多く、日本人が約2万人住んでいる地域です。
 
ここトーランスには日本の自動車メーカーのトヨタ・ホンダも進出していることから、その関連日系企業も多く進出し、日本人が住むには快適な場所だそうです。しかし、最近トヨタが拠点をテキサス移転し、ホンダもアトランタへ移転するなど、これからは少し様子は変わってくるようです。
 
アメリカンファンディングさんの角内社長に「アメリカ不動産どうですか?」とダイレクトに質問したところ、「トランプ大統領の在任期間である2021年までアメリカはどこの場所でも不動産市況ははいいですよ!」との御回答。しかし「どの場所も」って言われても、アメリカはとてつもなく広大なんですけど・・・(笑)。
 
特にオススメは、トヨタも移転するテキサスということ。カリファルニアでは、リーマン ショック後ここ8年間不動産価格は右肩上がりで、アメリカ全土の中でも突出して価格が上昇し、不動産利回は3〜4%位だそうです。
 
まだキャピタルゲインは狙えますが、利回り自体が低いとちょっと面白くないですよね。そこで、まだ不動産価格もそれほど上昇していなく今後のマーケットの成長性を見込める地域がアメリカには多く存在しているということです。ちなみにテキサスの利回り5〜7%だそうで、実は、私も検討をしています。
 
さて、アメリカンファンディングさんのオフィスには総勢8名のスタッフさんがいらっしゃるとのことですが、お伺いした日は3名の方がデスクワークの最中でした。
 
アメリカ ロサンゼルスの投資事情!
 
アメリカンファンディングさんは、円建て募集し運用をドルに替えて投資されていますが、為替のリスクに関しては最大限ヘッジし安全な運用を実践されていました。(結構コストはかかるようです)
 
確かに為替と不動産の市況は変動しているので先行きはわかりませんが、実際に現地を訪れ細かなデータとアメリカという国のポテンシャルを一般的に考えても、ビジネスの舞台として魅力的な国だと感じました。
 
さらに、アメリカの優位点は、情報開示が進んでいることと、契約社会であるという点です。とかく海外では「騙された」という話をよく聞きますが、角内社長にその辺りを聞くと「今まで、詐欺とかはあったことないですね・・・」驚きです!ただ些細な訴訟はよくあります。ということでした。納得です。
 
アメリカ ロサンゼルスの投資事情!
 
マネオマーケットのプラットフォーム事業者は弊社含め10社になり、さらに、近日新たなプラットフォームが立ち上がるようです。
 
さくらソーシャルレンディングも「地方創生」につながる案件をリリースできるよう頑張ってまいります!
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.