Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

4月 04日

大型案件の償還が完了しました

sakura_blog_04

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
今回は、昨年3月にmaneoで募集しました総額13.5億円の「さくらソーシャルレンディングセレクトファンド」と、同年5月に募集を開始しました総額9,000万円の「さくら北海道(岩見沢)セレクトファンド」の期限内償還に関するお知らせです。
 
この案件は、全国6カ所で運営するゴルフ場経営の事業会社に対する融資案件でした。リファイナンス完了まで当初の予定より時間を要しましたが期限内償還が完了し、ご投資頂きました投資家の皆様には大変お世話になりました。
 
昨年来より、maneoマーケットはじめmaneoと他プラットフォーム事業者への信頼が失墜している状況のなか、本案件に関しても償還に関して投資家さまより多数お問合せを頂いております。現在我々の置かれている状況では、投資家さまが不安を抱いてしまうのは致し方ない状況だと思います。逆に私が投資家さまの立場であれば同様の不安も抱きます。
 
他プラットフォーム事業者の内容は把握していませんが、さくらソーシャルレンディングとして言えることは、組成した案件に関して責任の負える範囲内での募集しか行っていないということです。今回のゴルフ場運営会社への融資実行後も”ハンズオン”で弊社を含めグループ会社のリソースを活用し経営に関与し、経営力強化に携わって来たことで、リファイナンスが期限内に完了できました。
 
弊社の融資姿勢として、弊社グループ会社とシナジーのある業種の事業者又は経営手腕を十分に発揮している誠実な経営者との取引のみを対象とし、単なる融資ではなく融資先とグループ会社との事業連携が深められ、その後のお互いの事業の発展が望める案件にしてゆきたいと考えています。融資残高の規模を追うことや案件数だけでを狙うのではなく、内容を十分に精査した案件のみを積み重ねています。
 
案件のバリエーションは多くない「さくらソーシャルレンディング」ですが、募集案件を途絶えさせることなく、コツコツと案件を掲載しています。最近では“満額成立”になる機会は多くなく、既にグループ会社で融資実行している案件の融資金額の一部を募集案件として掲載し、焦ることなく地道に募集しています。募集金利もプラットフォームをスタートした時と変わらず7%前後です。
 
変化の激しい業界ですが、我々は自らのポリシーを守りながら、融資したお取引先と投資頂いている投資家さまと向き合い、変わることなくこのソーシャルレンディング事業をこれからも大切に運営してまいります。
 
4月に準備を進めている新たな案件は、過去に何度も募集実績のある企業さまの太陽光設置販売における融資です。現地視察の際にまたレポートしたいと思います。
 
気が付けば桜の季節になり新生活の始まりです。さくらソーシャルレンディングにも地元大分出身の新卒(女性)が1名入社しました。彼女にもアシスタントとして現地レポートなどブログにも登場してもらいます。
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.