Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

5月 05日

“手堅い定番案件”の「手堅い」理由をご説明します。

31899960_1670448649675843_5914110953741352960_o2

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
今回はさくらソーシャルレンディングの定番案件である、札幌の介護・医療法人の診療報酬の売掛債権を取扱っている事業者様への訪問レポートをお届けします。
 
札幌に拠点を置くこの事業者様とは、毎月定例の事業報告ミーティングを東京にて行なっていますが、今回は事業者様の札幌本社に訪問しました。同社は札幌駅から車で約10分のところに位置し、地下鉄でも3駅と交通の便が良い場所です。
 
今回のミーティングでは、事務方の責任者様とも面談させていただき、案件の口座管理状況や、弊社と弊社の関連事業者様とのデータの効率的共有方法などについて、建設的なミーティングが行われました。事業者様の事務方責任者様は若くて非常に優秀なスタッフでした。さらに、社長との信頼関係も厚く社長が案件を開拓し、事務方でしっかりフォローする体制ができていました。
 
SAKURA_scheme_whole
 
現在のこの事業者様との取引状況は・・・
・売掛債権買取件数 21件
・関連事業者B社の融資残高 1.52億円
・さくらソーシャルレンディング募集額 1.2億円
 
 
さくらソーシャルレンディング募集額は融資額の80%に留まっており、その担保保全もしっかり確保されています。
 
売掛債権の買取先は南は九州から、北は札幌まで全国各地に広がっています。この事業者様では、社長自身がその事業者へ毎月定例訪問を欠かさず行い、施設の最新状況をしっかりと把握されています。そのため現在は、案件を管理できる範囲と規模も限られておりますが、ゆっくりとした成長を目指されています。
 
経営の急成長急拡大は先々に成長の歪みを起こし兼ねないので、さくらソーシャルレンディングとしてもこの事業者様の、ゆっくりとした成長を目指す事業スタンスを支持したいと思っており、GW開けにはこの事業者様の新たな募集案件をリリースする予定です。さくらソーシャルレンディングの”手堅い定番案件”として募集して参りますので、初めてソーシャルレンディングを利用される投資家様におススメの案件です。
 
今回約一年ぶりの札幌を訪問しましたが、千歳空港の駐車場は増築の工事中で、相変わらずインバウンドの観光客も右肩上がりのようでした。札幌はちょうどこの時期から桜が咲く時期で、GWには満開になるそうです。次回はカラッとした盛夏の頃に再び札幌を訪れたいと思います。
 
さくらソーシャルレンディングは、今後もこのような地方の目に見える中小企業の活躍のお役に立てるよう案件の組成をしていきます。
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.