Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

1

2月 04日

最新募集案件の解説です!

sakura_blog0204

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
今回は先日リリースされた募集案件についてお伝えいたします。
 
「さくら近畿(大阪)セレクトファンド31号」
https://www.sociallending.co.jp/fund/detail?fund_id=330
 
この案件は「売掛債権買取事業者W社が、中古通信機器販売会社AM社と大手中古通信機器及周辺機器取扱会社子会社との取引に関わる売掛債権の買取資金」に対しての融資案件です。取組に至った経緯は、一年程前に弊社事業パートナーを通じてAM社から「売掛債権を担保とした融資はできないか?」とご相談をいただいたことから始まりました。
 
弊社では、融資案件の募集を広告やウェブサイト上で行っておりません。じつは殆どのケースが、このように融資案件は紹介者を通じて案件が持ち込まれます。まず、AM社の代表者面談と与信調査や経歴などをヒヤリングし、AM社の持つSP社の売掛債権の調査を行います。そして、AM社とSP社の取引履歴や商品の確認・商流など取引に係る一連の流れを確認し、現地の物流倉庫などへも赴き、取引実体を改めて確認を行います。SP社の会社与信力は高く売掛金が期日通り支払いがなされていることを確認し、与信力の高い会社の売掛債権であれば取組可能と判断します。
 
今回の取組では、B社からAM社への売掛債権担保融資ではなく、関連会社W社を通じての売掛債権を買取るスキームでした。融資ではなく債権買取を行う理由は、提供する資金が債権一案件ずつに紐づかれていることが明確化されるからです。関連会社W社は債権を管理するための目的会社としての位置づけであり、債権を扱う専用口座で取引を管理し他から影響を受けない仕組みを用いました。
 
ここに挙げたスキームで昨年5月からこれまでにAM社の債権買取を25回、延べ金額にして4億6千万円の実績があり、現在時点でも約1.8憶の債権額を持っています。B社からW社へ融資を行い、実際にW社がAM社の売掛債権の買取を重ね、今後も継続できる案件だと判断したことで、さくらソーシャルレンディングとして総額5000万の募集の内、第一弾として1,250万円を募集案件としてリリースしました。AM社は売掛債権を流動化することで得られた資金を仕入に向け、さらにSP社の取引を伸ばしてゆきたいと考えています。
 
ビジネスチャンスはタイミングを逃さないこと。さくらソーシャルレンディングとしてはAM社の更なる成長のアシストを行ってまいります。募集するにあたりの案件の保全は・・・
 
事業者W社
【保全】
 事業者SP社を第三債務者とする現在及び将来債権に対する債権譲渡登記…①
 
 事業者B社→事業者W社に対する貸付
【担保】
 関連会社間につき設定無し
【保全】
 事業者W社代表者の連帯保証
 
さくらSL社→事業者B社に対する貸付
【担保】
 事業者W社が債権譲渡登記した事業者SP社債権(上記①)に対し債権譲渡担保登記
【保全】
 事業者B社関連会社事業者E社の連帯保証
 
・・・この案件は、実際に9か月間関連会社を通じ取引を重ねてきた実績のある案件であることと、保全に関してB社の関連事業者E社の連帯保証を組み合せています。このE社は創業47年、年商130億規模のある優良企業です。全ての案件においてE社の保証を組み入れるわけではありませんが、不動産などの物件担保が得られない場合には、保全の強化として今後も検討して参ります。
 
昨年よりmaneoマーケット社を取巻く状況は厳しさが増しており、さくらソーシャルレンディングも同様の影響があります。その状況下で事業者として継続するためには、投資家の皆様に対して透明性の確保と保全強化した案件を組成して行かなければなりません。自ら組成する案件に責任を持ち、投資家様と貸し手の私たちと、借り手である事業者の三者がより良い関係を構築できて初めてこのソーシャルレンディングの意義があると考えています。
 
「さくら近畿(大阪)セレクトファンド31号」
https://www.sociallending.co.jp/fund/detail?fund_id=330
もどうぞご検討宜しくお願いいたします。
 
~お知らせ~
 
昨年2月に募集開始した総額3,000万円の【不動産担保付】さくら北海道(岩見沢)セレクトファンド53-64号
https://www.sociallending.co.jp/fund/detail?fund_id=188
は、1月末に融資先より期日通り返済がありました。投資家様へは予定通り返済日に償還になることをお知らせいたします。
ご投資頂きました投資家さまに心より感謝申し上げます、ありがとうございました。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

「最新募集案件の解説です!」への1件のフィードバック

  1. 最近、ソーシャルレンディングを始めまして、ブログ内容など読ませていただきました。保全や担保の観点、そして地方創生という目的に至るまで、とても信頼できる社長様そしてソーシャルレンディング会社であると拝見しています。

    マネオ社は昨年から大変な状況であるようですが、おっしゃるように、投資家も借り手もさくらソーシャルレンディングも、みんながwin-winになれるような案件を、どうぞ開拓していって頂きたいです。

    大変かと思いますが、お体に気をつけて、心より応援申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.