Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

【ビギナーさま向け】不動産の登記事項証明書って?

sakura_blog_190117

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディング運営事務局のMIKIです。
 
2019年もよろしくお願いします。年末年始はどのようにお過ごしでしたでしょうか?私は年末から体調を崩してしまいまして、外に出れない寝正月でした。2019年は体調管理と節制を心掛けたいと思います・・・
 
さて、今回は前回のブログでお伝えいたしました「不動産登記」についてお伝えします。不動産登記とは土地や建物の現況と権利関係を記録し公示するための行政制度です。法務局へ登記申請すると、その記録は不動産登記簿という台帳にまとめられています。その内容が見たい場合、法務局で出力し法務局印が押されたものが登記事項証明書(登記簿謄本)として取得できます。
 
登記事項証明書は、法務局へ直接・オンラインによる請求・郵送による請求・インターネットにより取得することができ、主に4つの内容「表題部」「権利部(甲区)」「権利部(乙区)」「共同担保目録」で構成されています。
 
【表題部】
 
表題部には、その不動産の基本的な記録が記載されています。
土地であれば、所在・地番・地目・地積・登記の日付
建物であれば、所在・家屋番号・種類・構造・床面積・登記の日付・所有者が誰なのかが記録されています。
 
ここを見るとその不動産の物理的な状況が分かります。もし内容に変更が生じた場合は変更日より1ヶ月以内に所有者が変更登記する義務があります。
 
【権利部(甲区)】
 
権利部には不動産に関するさらに詳しい情報が記載されています。甲区には、権利の中でも所有権に関する内容が記載されており、その不動産の現在の所有者・過去の所有者を確認することができます。所有権、所有権の仮登記、差押え、仮処分の情報が甲区を見ると分かり、順位番号・登記の目的・受付年月日・番号・原因・権利者その他の事項が記録されています。順位番号とは登記された順番のことです。原則としては最後に書いてある情報が最新情報ですが、現在の所有者が知りたい場合は権利部(甲区)の一番最後を確認します。
 
【権利部(乙区)】
 
その不動産の所有権以外の権利に関することが記載されています。所有権はひとつの不動産に一つしかありませんが、不動産に関する権利は他にもいろいろあり、抵当権・地上権・地役権などがあります。代表的なものは抵当権です。順位番号・登記の目的・受付年月日・受付番号・権利者その他の事項・原因・債権額・利息・損害金・債務者・抵当権者・共同担保があれば共同担保目録の番号が記録されています。
 
【共同担保目録】
 
共同担保とは、同じ債権を担保として異なる複数の不動産上に設定された抵当権のことです。権利部(乙区)をみれば共同担保があることは分かりますが、共同担保目録は共同担保関係が分かるようにする為の一覧のようなものです。たとえば、新築戸建てをフルローンで購入するとなった場合は通常、土地と建物の両方をまとめて担保提供し、抵当権が設定されることになります。その為、建物の登記簿だけを閲覧した時に「土地と建物両方に抵当権が設定されている」という事が確認できる事項が共同担保目録です。
 
抵当権などは、一つの不動産に複数成立することができるため、誰がその不動産に優先的な権利を持っているかはこの登記の順位番号によって決まっています。その為、ここでの順位番号には注意が必要です。
 
不動産取引において、既に別の抵当権者が存在する場合があります。共同担保目録付きの登記事項証明書を取得するには申請手続きの際に指定すれば記録したものが取得できます。これから取引を行う際に抵当権を設定する事になった場合に、万一債務者が破産をしてしまった場合に受けられる弁済の優先順位をここで確認する必要があります。もし、取引の際の登記簿に、複数の抵当権者の記載がある場合は十分に注意して契約を結びましょう。
 
なかなか見ることがないので難しく感じる不動産登記事項証明書ですが構成は変わらないので、見れるようになれそうです!難しくて苦手だな・・・と思っていたのですが、いろんな登記事項証明書をみてみたいと思ったMIKIでした。
 
 
さくらソーシャルレンディング
事務局 MIKI

 

1月 17日

【ビギナーさま向け】不動産の登記事項証明書って?

sakura_blog_190117

  こんにちは、さくらソーシャルレンディング運営事務局のMIKIです。   2019年もよ … “【ビギナーさま向け】不動産の登記事項証明書って?” の続きを読む

続きを読む

0

新年のご挨拶

49900541_1990813737639331_3434507784073248768_o

新年、あけましておめでとうございます!さくらソーシャルレンディングの岩田です。

2019年のお正月は、いかがお過ごしでしたでしょうか?私は年末より地元大分でゆっくり過ごし、グループ会社の元旦朝礼から2019年をスタートしました。

お正月の風物詩といえば?ニューイヤー駅伝ですか?それとも箱根駅伝ですか?私は毎年”箱根駅伝”をテレビで観戦しますが、箱根駅伝を見ると新しい年を迎えた事を実感します。毎年「もうこの時期が来たなぁ・・・」と

私は東洋大学を23年前に卒業しているので、当然!東洋大学を応援しています。今年は惜しくも3位となりましたが、2年連続の往路優勝、また11年連続で上位3位以内に入り、強豪校としての母校を毎年応援できるのは大変誇らしく思えます。それぞれ選手の出身高校を見ると様々な地方の高校から集まり、伝統の箱根駅伝で彼らの活躍する姿は、故郷を熱くさせますね。また学生ランナーが各大学の襷をつなぐ姿には感動させられます。箱根駅伝で母校や郷土を応援するように、さくらソーシャルレンディングも地方応援案件をリリースしてゆきたいです。

昨年2018年のソーシャルレンディング業界は、非常に厳しい状況になり、ソーシャルレンディングの信用が大きく失墜しました。そのことで私たちも同様の視線を向けられていることと認識していますが、私たちが言えることは、さくらソーシャルレンディングにご登録・投資いただいている投資家さまに対しては、分かりやすい案件の組成と、丁寧なサイト運営を心掛け、着実に前進することだと思っています。

2019年のさくらソーシャルレンディングは案件の募集に関してのスキーム図や説明を厚く丁寧に行い、可能な限りの情報開示に努めます。また募集案件の保全をより確実にするための仕組み(グループ会社保証有案件の組成など)作りにもチャレンジしていきます。

さくらソーシャルンディングは、2019年で3年目を迎えます。現在募集累計は14億円、投資家登録は3,446名の実績を積むことができましたことは、偏にご投資・ご登録いただいてます投資家さまのお陰です。2019年も引続きコツコツと実績を積上げ、ご期待に応えられるよう精進してまいります。本年もさくらソーシャルレンディングをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

1月 05日

新年のご挨拶

49900541_1990813737639331_3434507784073248768_o

新年、あけましておめでとうございます!さくらソーシャルレンディングの岩田です。 2019年のお正月は、いかがお … “新年のご挨拶” の続きを読む

続きを読む

0

2019年は”農業”と”福祉”の連携事業に着目!

1229_blog

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。2018年最後のブログは、千葉県八街市にある農業法人さまを視察した内容です。
 
親会社B社の融資先関連会社の農業法人再生案件のモデル事業である農業法人さまを視察しました。私自身、農業に対する知識は殆どなく、視察したこと全てが「目からウロコ」でした。
 
日本の農業は簡単に語れませんが、この視察で知ったことは・・・
 
①農業従事者の減少(175万人)
②農業従事者の高齢化(平均67歳)
③食料自給率は先進国の中で最低
④食料の海外依存が増す(TPP)
⑤農家の法人化・一般企業の農業参入(農業法人化)
⑥農業施設・設備には各種補助金が活用できる
⑦農福連携事業は意義が大きい
⑧農業の6次産業化のビジネスモデルはチェック
⑨高付加価値の農産物の栽培がいい
⑩農林水産業は政府の最重要課題
⑪大規模農業でないと収支が合いにくい
⑫他たくさん・・・
 
テレビ番組等で戦後の食糧事情や昔の映像を見ると、現代とは比較にならない状況であった時代から、豊かで食料にあふれる現代になれたことは、これまで農林水産業に従事してこられた方々のお陰だと強く感じます。ひとつひとつ作物を手で収穫している現場を目の当たりにすると、食べ物は粗末にしてはいけないと反省します。
 
今回訪問した農業法人様の主事業は医療・介護事業であり、関連会社として農業法人の運営をしています。将来は介護施設などの食事に使用する食材も栽培する計画ですが、これこそが農業の6次産業化にも繋がります。
 
ここの栽培所では高付加価値のトマトのみを栽培しています。なぜトマト栽培なのかというと、高付加価値のトマトは市場で安定的に高値で取引されることから、収支計画として採算が取れやすいからです。
 
独自に開発した養分の多い土を利用し、より糖度の高いトマトの栽培に成功し、栽培された作物は市場で高く評価されています。また、栽培された作物は大手スーパーマーケットに全量買取られ、栽培から販路開拓まで独自に行うビジネスモデルを確立していました。
2019年は”農業”と”福祉”の連携事業に着目!

通常の農家さんが栽培した農作物は、全農が買取・流通してきましたが、6次産業化や企業の農業参入で、将来はこれまでのモデルが変わりそうです。
 
私が最も関心を得たのが、農業と障害者雇用を合わせた「農福連携」の事業モデルです。この「農業」と「福祉」の連携は、厚生労働省と農林水産省が連携して進めているプロジェクトであり、政府の推進事業者に向けたバックアップも期待できそうです。
 
現在、農業従事者は減少の一途をたどり、また従事者の高齢化も進み、深刻な状況になっています。障害を持つ方々の働く機会として農業分野がその一つになり得ることで、より着目されるプロジェクトになります。
 
現在政府は障害者雇用推進法により45人以上の従業員を抱える企業に障害者雇用を義務付けており、この「農福連携」は、障害者雇用の創出、食糧自給率の向上、農業従事者の確保などそれぞれの課題を解決できる一つの道筋になりそうです。
 
「高付加価値の農作物」を「農福連携プロジェクト」で行い「6次産業化」として事業モデル化できれば、大規模農業でなくとも事業の採算がとれる可能性があります。また収益性が高くなくとも、社会的意義のある先進的な取り組みだということです。
 
農作物は自然の中で栽培するので、天候不順や自然災害など収穫に大きなリスクを伴いますが、目標を掲げて様々な角度から事業を組み上げれば、後は汗をかいて体を使い、真面目に農作物に向き合うことが重要だということでした。(じっくり地味に取組む姿勢)
 
振り返れば、2018年はソーシャルレンディング業界に大きな衝撃が走った年でした。私達さくらソーシャルレンディングは、少しづつですが着実に融資残高・登録口座を伸ばすことができました。これは偏にご登録いただいています投資家さまのお陰です。来たるべき2019年も、さくらソーシャルレンディングは「地方創生」につながる新たな募集案件を、担保等の保全を調査し、案件としてご紹介し続けます。そして、お世話になっている投資家さまに分かりやすく丁寧な対応を心掛けた事業者として「コツコツ」と前進してゆきます。
 
2019年良い年をお迎えくださいませ。そして、新年もどうぞ宜しくお願い致します。
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

12月 29日

2019年は”農業”と”福祉”の連携事業に着目!

1229_blog

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。2018年最後のブログは、千葉県八街市にある農業法人さまを … “2019年は”農業”と”福祉”の連携事業に着目!” の続きを読む

続きを読む

0

【ビギナーさま向け】法務局ってどんなとこ?

sakura_blog_1221

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディング運営事務局のMIKIです。
 
今回は、さくらソーシャルレンディングでも登記等でお世話になっている法務局についてお伝えします。
 
皆さまにもお馴染みは少ないと思いますが、法務局は法務省の地方支分部局のひとつで、全国に約500ヶ所あり、平日の8時30分から17時15分に窓口受付を行なっています。
 
この法務省がどんな業務をしているのかは次の通りです。
 
・不動産登記・・・財産である土地や建物の所在・面積、所有者の住所や氏名・権利関係などを登記し、権利関係などの状況が誰でもわかるようにすることです。(登記事項証明書や図面・地図の写しの取得も可能です。)
 
・会社・法人登記・・・会社・その法人の役員や目的など取引上重要な事項を登記・記録しこれを公開することで商取引や営業活動の円滑と安全を図る役割を果たしています。また、会社や法人は設立の登記をすることによって法人格が付与されることとなるので必ず登記が必要です。法人の登記事項証明書や印鑑証明書を取得できるのも法務局です。
 
 会社)株式会社、特例有限会社、合同会社、合名会社、合資会社等
 法人)一般社団法人、一般財団法人、NPO法人、共同組合等
 
・国籍・戸籍・・・戸籍の事務は市町村役場が扱うイメージですが、法務局では全国で統一した処理が行われるよう市町村に対して助言や指示を行ったり、日本国籍取得に関する外国人からの帰化許可申請、国籍取得届や日本国民からの国籍離脱届の受付、審査なども行っています。また、成年後見に関する登記や証明書等の発行も法務局での手続きです。
 
・供託・・・供託とは一定の目的のために法律に基づいて国(供託所)に金銭や有価証券などを預けることを言います。弁済や営業保証・選挙供託などがあり、その際には法務局が金銭や有価証券を預かります。
 
・人権擁護・・・人権擁護委員会と協力し人権に関する相談や人権侵害による被害者の救済手続きも行い、人権教室や花運動、人権作文コンテストなどを通じて啓発活動も行っているそうです。相談無料・秘密厳守で「人権110番」や「人権ホットライン」などの相談業務も取り扱っています。
 
・訟務・・・国をめぐる裁判が起きたときは、所管する行政機関が個別に対応するのではなく法務局職員が国の代理人となって統一した方針の下で訴訟活動を行うそうです。また、行政機関からの法律相談に助言を行い、国の行政等をめぐる紛争を未然に防止しています。
 
このように、法務局では様々な事務を取り扱っています。
 
登記の関係はインターネットを利用したオンライン申請や画面上で確認することもでき便利になっています。登記事項証明書や印鑑証明書の取得できる場所というイメージでしたが、その他にもたくさんの事務を担ってくれています。
 
次回はさくらソーシャルレンディングの案件でも出てくる不動産登記についてお伝えします。
 
さくらソーシャルレンディングは、今後も前回の公証役場での公正証書や法務局での登記なども含め、必要な保全をしっかり行い、その契約書類や登記・状況等はmaneoマーケット様に提出し、確認して頂いております。投資家の皆様の資産を安全に運用することを大前提に、事業家さまと投資家さまの相互にメリットをご提供できるよう努めて参ります。
 
今年もあと少し、お忙しいことと思いますが体調万全で来年を迎える準備をして下さいね。私のブログは今回が年内最後になります。今年一年間も大変お世話になり、ありがとうございました。さくらソーシャルレンディングも今月で3周年目に突入です。一歩一歩着実に頑張って参ります。来年もよろしくお願いいたします。
 
 
さくらソーシャルレンディング
事務局 MIKI

 

12月 21日

【ビギナーさま向け】法務局ってどんなとこ?

sakura_blog_1221

  こんにちは、さくらソーシャルレンディング運営事務局のMIKIです。   今回は、さくら … “【ビギナーさま向け】法務局ってどんなとこ?” の続きを読む

続きを読む

1

ガバナンスを効かせるということ

sakura_1211_blog

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
様々な投資がインターネット上で行われる時代になりました。顔が見えないからこそ不安も大きく、不祥事が発生すると、投資家さまの期待をより大きく裏切ることになります。このように同様の疑念を抱かれてしまうことは、投資家さまの目線で言えば当然です。
 
最近、ソーシャルレンディング業界においては我々プラットフォーム事業者への疑念が高まっています。正常な運営を行っていたとしても同様の疑念を抱かれてしまいます。
 
ソーシャルレンディングにご投資している投資家様は、すでにご存じだと思いますが、maneoマーケット社のプラットフォーム事業者において新たな遅延案件が発生し、また同業他社の事業者においても同様の事案が発生しています。
 
どのような経緯でそうなったのか、個別の状況に関しては弊社では把握しておりませんが、多数の投資家さまや関係者さまよりお問合わせをいただいており、ご投資いただきました投資家さまには大変ご心配をおかけしております。
 
お問合せの中には、案件を組成するプロセスやガバナンス等の具体的かつ詳細なお問合せもいただきました。個別のご質問・お問合せについては、お応えできる範囲で真摯にご返答させていただいております。
 
ソーシャルレンディングは、事業者さまへ「融資」を行い、得られた利息を配当の原資にします。貸付先から約定通り利息又は元金のご返済がなければ、預かっている担保を処分し、貸付けた資金を回収します。「融資」を行う際には、最悪のケースを想定して回収可能な案件に対してのみ募集を行いますが、万が一不測の事態に陥ったとしても、事業者さまは事態の収集に全力で臨みます。
 
また、その様な状況に至った場合には、適時投資家様への経過報告を行い、可能な限り情報開示を行う義務があります。
 
先日「期限の利益喪失した場合の借手側の取立方法は?」というお問合せを頂きました。
 
借手の事業が立ち行かなくなった場合には、殆どのケースで公正証書による契約を行っており、不動産であれば強制執行による担保権を行使し、任売・競売等を行い、債権に関しては債権譲渡通知を行い直接回収に努めます。
 
また、借主の法人株式に質権設定を行っているケースには借主の法人に対しガバナンスを効かせ、経営の意思決定に対しての影響力を強め、回収の実効性を高めていきます。いずれの場合も、顧問の弁護士・司法書士・会計士など専門家から助言を頂き進めます。
 
あくまでも、借主である経営者が前向きに債務に対して処理を行うという姿勢があれば可能ですが、経営者の虚偽報告または最初から騙すつもりの詐欺行為などであった場合、上記に挙げた方法だけでは回収が困難になります。
 
最近では詐欺事件が多くニュースで取上げられますが、報道される事件は氷山の一角に過ぎません。担保の保全も重要ですが、最も重要なのが、社長に対する我々の目利きです。
 
情報の裏どりや経歴など民間の信用情報等も使い調査し、情報の信憑性に対して慎重に調査します。私達ファイナンス事業者は、融資を伸ばし残高を増やすことが会社の成長となりますが、一方でリスクも増します。
 
さくらソーシャルレンディングの事業規模がまだまだ小さい理由は、関係会社を含めグループでカバーできる事業範囲の規模に留めているからです。そしてこれからも、事業規模野拡大を優先するのではなく、融資先へのガバナンスが効かせられる範囲の案件をコツコツと伸ばしてまいります。
 
さくらソーシャルレンディングは、過去において遅延・デフォルトは一切ありませんが、個人の資産を預かり運用を担っている事業者として緊張感をもって案件の組成に取組んでまいります。
 
東京は銀杏の木が真黄色に色付き、気温も冬に向かおうとしています。年末差迫っておりますが、まだまだ出張して案件の相談を受けています。年内最後、新しい案件をリリースできるよう準備しています。
 
引き続き、さくらソーシャルレンディングへのご登録・ご投資をいただけますよう、よろしくお願い致します。
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

12月 11日

ガバナンスを効かせるということ

sakura_1211_blog

  こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。   様々な投資がインターネット上 … “ガバナンスを効かせるということ” の続きを読む

続きを読む

1

【ビギナー様向け】公正証書とは?

sakura_blog_1121

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディング運営事務局のMIKIです。
 
だんだんと寒くなって参りましたが、皆さま体調はいかがでしょうか?
私は調子を崩して、放置していたら悪化してしまい3週間近く鼻声中です。滑舌の悪さに何度も聞き返されたり、笑われたり、心配される日々を過ごしております。やっぱり体調一番ですね!
 
さて今回は前回の続きで、公正証書について解説します。
 
さくらソーシャルレンディングの案件にも出てくる公正証書ですが、下記のようなものがあります。
 
・金銭の貸借に関する契約や土地・建物などの賃貸借に関する公正証書
・離婚に伴う慰謝料・教育費の支払に関する公正証書
・遺言公正証書、任意後見契約公正証書
・その他にも尊厳死宣言公正証書や内縁・婚約解消に伴う公正証書
・・・など、実際に起きたことをお互いに確認し合ったとして書面に残す多くの公正証書が存在します。
 
今回は金銭の貸借についての公正証書について解説します。公正証書は、両当事者(代理人)が一緒に公証役場へ出向き、双方が合意した内容を基に公証人に作成してもらう書類で、原本は公証役場で保管、債権者には正本、債務者には謄本がそれぞれ交付されます。
 
原本が保管されている為、たとえ当事者が正本や謄本を紛失したとしても効力は失われることなく、再交付を受けることも可能です。
 
公証人役場で金銭の貸借に関する公正証書を作成するメリットは、公正証書に【執行認諾文言】を付ければ、債務者が将来契約通りの支払を怠った場合に、裁判をしなくても強制執行(差押)を裁判所に申し立てる事が出来ます。
 
具体的には「債務者は、本契約に基づく金銭債務の支払を遅滞したときは、いずれも直ちに強制執行に服する旨陳述した。」といった文言が記載されます。この執行認諾文言を付けていない公正証書は、強制執行ができないので注意が必要です。
 
あらかじめ公証役場へ公正証書の原案を提出し確認しておいて貰えばスムーズに手続きして貰えます。書類の作成には、当事者が本人確認書類と印鑑を持参して行いますが、代理人でも可能です。その場合には、実印が押印された委任状と印鑑証証明等を持参します。
 
その他、抵当権を付ける場合には、対象不動産の登記事項証明書や固定資産の価格がわかる書面なども必要です。
 
公証役場に支払う手数料は、公証人に支払う作成手数料(金消契約の価額によって違います)債権額に応じた収入印紙・その他の諸費用として公正証書正本・謄本代・特別送達代・送達証明・執行文付与といった諸費用がかかりますので、事前に確認し、持参します。
 
公正証書をどんな内容にするかは、あらかじめ合意した内容で、法的にしっかりとしたものが必要です。ここの内容が曖昧だったり、違法であったりすると確認の際に修正になりますし、内容を理解しないまま進めると、何かあった時に何の効力もない事があるので注意が必要です。
 
公証人はあくまで中立な立場で公正証書が違法な内容ではないかはチェックしてくれますが、作成内容やどちらかに有利または不利になるような指導はありません。専門家に入って頂き、法的にきちんと構成された書類を作成して貰うことも必要です。
 
少額でも確実な返済を望み公正証書を作成する事もあれば、高額でも過去の取引実績等で、当事者間の契約で済ますこともあるので、債権者の判断によって異なりますが、公正証書作成には時間や手間がかかる手続きや、費用(作成費用・収入印紙代・執行分付与等)がかかるので、ある程度高い金額での貸付や将来に渡って金銭債務が残る場合に作成することが多いようです。
 
さくらソーシャルレンディングでは投資家の皆様に安心してご投資頂けるよう、案件に応じて適切な内容で合意・判断した公正証書や金消契約を今後も行います。案件ご確認の際は、そんな所もご確認ください。
 
 
さくらソーシャルレンディング
事務局 MIKI

 

11月 21日

【ビギナー様向け】公正証書とは?

sakura_blog_1121

  こんにちは、さくらソーシャルレンディング運営事務局のMIKIです。   だんだんと寒く … “【ビギナー様向け】公正証書とは?” の続きを読む

続きを読む

0

オシャレなトレーラーハウスで宿泊体験

sakura_blog_181113_02

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
今回は、さくらソーシャルレンディングの関係会社である「トレーラーハウス事業」に関してレポートします。
 
この案件は、沖縄の北谷(ちゃたん)に、まもなくオープンを迎える物件です。
 
この会社は、3月に沖縄で設立された新会社であり、事業目的は、トレーラーハウスを使用した「宿泊サービスの提供」と、「トレーラーハウスの企画・設計・販売」です。
 
現在沖縄は、空港の拡張工事、新規ホテルの開業、リゾートコンドミニアムの建設、また浦添キャンプ・キンザー沖の埋立用地では2022年開業予定の超大型ショッピングセンターがオープンするなど、まだまだ熱い開発が続いており、沖縄全体が人を呼び込むエネルギーを発信しているかのようです。
 
また、外国人の個人観光客も多く、レンタカーで島を一周廻り、観光を楽しむ光景をよく見かけます。そんな旅先でクルマを宿泊部屋に横付けしリゾート別荘を楽しめる体験をしたいと思いませんか?
 
この会社の計画では、海岸線沿いの各地にトレーラーハウスを置き、観光客がレンタカーで島を回り、トレーラーハウスを宿泊に利用し、友達同士、カップル、家族連れ、またはペットと一緒に楽しめるような新たなレジャーの価値提案を行う計画です。
 
トレーラーハウスを使用することのメリットは、やはりコストです。ホテル事業はまとまった土地の確保から建設資金と莫大な資金が必要ですが、トレーラーハウスの場合は、狭い土地でも活用でき、一台の建設費用は1000万円~1200万円程度で、長期での投資回収にはならないようです。
 
また、移動も簡単にできることから、旅行者のルートに合わせてロケーションを選んで設置でき、市場の変化に即対応できるのも魅力です。
 
トレーラーハウスは建物ではなく、あくまでも「車両」として定義されます。基本的に車輪と、牽引するための器具が設置されていることが原則であり、車輪を外し地面にハウス自体を固定する等をすれば建物と言う扱いになります。ですから、用途地域や建ぺい率等の制限も受けず、固定資産税も発生しません。
 
いつでも移動できる状態でなければならないと言うことですが、制限のある土地の活用方法になります。詳しくは「非営利型 一般社団法人日本トレーラーハウス協会」のホームページ( http://www.trailerhouse.or.jp )に記載があります。
 
注目したいポイントは、車両であるトレーラーハウスは減価償却が4年で償却できることです。さらに中古のトレーラーハウスは、償却が1年で可能です。色々アイディアが出てきますね!
 
太陽光発電設備の一括償却で、節税目的の投資も盛んな時期もありましたが、今では聴かなくなり、アメリカの中古木造住宅の購入による節税のお話を最近よく耳にします。
 
新会社の取組では新たな節税効果の期待できる仕組みを考案し、投資家さまに対しトレーラーハウスの販売へと繋げて行きたいそうです。
 
トレーラーハウスの可能性は、この時代だからこそ活かせます。日本に訪れる外国人は年間3,000万人に迫る勢いであり、まだ延びる一方、ゴールデンルートと呼ばれる大阪・京都・東京だけでなく、更に地方の都市や、知られていない観光地が舞台になりつつあります。
 
地方の眺めのいいロケーションにトレーラーハウスを置き、宿泊施設として旅行者の非日常を演出できそうです。
 
北谷の物件はこれから旅館業の営業許可の申請を行い、事業をスタートし、実際に利用者からの声を聞き業態としてブラッシュアップし、収益事業へと進める計画です。
 
「Okinawa Green Lodge」はさくらソーシャルレンディングの関係会社ですが、案件として保全の効いたファンドにできるよう事業の仕組みを探って参ります。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

11月 13日

オシャレなトレーラーハウスで宿泊体験

sakura_blog_181113_02

  こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。   今回は、さくらソーシャルレン … “オシャレなトレーラーハウスで宿泊体験” の続きを読む

続きを読む

0

「担保の”有” “無”について」

43619000_1896658317054874_2097930406987825152_o

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。今回は「担保の有無」についてご説明します。

さくらソーシャルレンディングの募集画面上には、担保の「有」または「無」の表示があります。これまでは何らかの担保保全を行った場合に「有」と表示していましたが、現在は、2018年9月からの自主ルールに基づき、仮登記や抵当権設定留保等の担保保全を「無」と表示しています。

しかしながら基本的には、本登記または客観的検証による保全契約を得た担保に関し「有」とし、「無」の場合でも融資契約が不履行になった際には、担保を保全できる全ての用意を整えてきました。(例えば権利書の預かりや印鑑証明書適時提出等。)

これまで、さくらソーシャルレンディングでは、無担保融資は基本的に行なわず、さらに担保については、募集ページの案件紹介にも詳しく記載していますので、ご不明点がございいましたら、お気軽にお問合せください。

さくらソーシャルレンディングでは、新たな融資案件を開拓するすべく、様々な業種の会社さまとお会いさせていただき、資金ニーズに対して案件を組成しております。これまでには、不動産開発会社、太陽光販売会社、診療報酬債権を取扱う会社、中古車販売会社、一般売掛債権を取扱う会社、店舗サブリース案件などの融資案件を開拓してまいりました。

このような案件を組成する際は、必ず何らかの担保保全を行います。考えられる担保保全は…..

「不動産の場合」*抵当権/根抵当権/譲渡担保/その他
「株式の場合」 *質権・譲渡担保契約
「動産の場合」 *譲渡担保契約/設定登記
「債権の場合 」 *譲渡担保契約/債権譲渡登記/債権譲渡通知

このような担保の保全を行いますが、その担保の有効性や換価性があるかが重要になります。この事を踏まえ…..

*担保評価額
*評価方法
*担保権実行方法
*流動性

などを調査し、可能な限り融資金額が回収できる保全の効いた案件を募集します。しかし、これらのことを踏まえていても、自然災害や突然の経済危機などの外的要因は加味できません。

そのような不測の事態には、融資先の会社さまと建設的に問題解決できるように努めますし、このような事態に至っても、前向きに経営手腕を発揮する社長の能力や、その会社の組織力も面談を重ね把握しておく必要があります。

もう一つ大切なことは、会社側から提出される資料や情報が誤っていたり、不正や詐欺行為ではないかを慎重に察知しておくということです。担保の保全や、それを組立てる仕組みはできても、そもそも不正行為であれば成り立ちません。そのため案件の裏どりや、業界関係者の聞取りなども欠かすことはできません。

私はこの「目利き」が重要だと考えていますが、これは非常に難しい判断です… 最近「地面師」がニュースにも取り上げられていますが、残念ながら人を騙す欺くことを生業としている人は案外多いのかも知れません。さくらソーシャルレンディングの募集案件は、慎重な視点で案件の組成を行なっています。

まだまだバリエーションの数は多くありませんが、新たな案件の開拓は焦らず慎重に進めて行きたいと考えています。たとえば銀行などの金融機関には手が届かない地方の中小企業の資金ニーズに対しても取り組んで行きたいと考えていますので、今後ともさくらソーシャルレンディングをよろしくお願い申し上げます。

さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

10月 27日

「担保の”有” “無”について」

43619000_1896658317054874_2097930406987825152_o

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。今回は「担保の有無」についてご説明します。 さくらソーシャ … “「担保の”有” “無”について」” の続きを読む

続きを読む

4

【ビギナー様向け】公証役場ってどんなとこ?

sakura_blog_181015

 
こんにちは、さくらソーシャルレンディング運営事務局のMIKIです。
 
今回は「公証役場」に初めて行ったときの感想と、「公証役場」がどんなところなのかをお伝えします。
 
オフィスビルの一室にあることも多い公証役場ですが、実は法務局管内に置かれている官公庁です。役場と聞いて市区役所の一部かと思っていましたが、全く関係なく法務省の管轄の役所とのことでした。公証役場には公募により任命された「公証人」と呼ばれる司法試験に通った法律実務家が常駐しています。公証人以外にも書記と呼ばれる事務をされる方が電話対応や来客対応などを行っていました。私が行った公証役場では公証人の他に3名ほどの書記さんがいらっしゃいました。
 
公証役場は約300箇所、交渉人は全国で約500名、月曜日から金曜日の平日で9時から17時が開庁時間です。公証役場は国の公務事務を行う場所ですが、国からの給与や補助金など一切の金銭的給付は受けておらず、国の定めた手数料収入によって事務を運営しています。そして、公証役場では主に以下の業務を行っています。
 
・公正証書の作成
 
公正証書は、公証人がその権限において作成する公文書とのことです。公正証書の種類としては、金銭消費貸借契約公正証書、建物賃貸契約公正証書、不動産売買公正証書、遺言公正証書、任意後見契約公正証書、遺産分割協議公正証書などがあります。さくらソーシャルレンディングでは金銭消費貸借契約等公正証書を結んでの契約が多々あります。
 
・認証の付与
 
認証とは、私署証書について文書が作成名義人の意思に基づいて作成されたことを公証人が証明するものです。例えば、会社を設立する際は法務局で、法人登記をする必要がありますが、その前提として公証役場での認証が必須となります。これによって、会社を作る発起人が手続きに則っていることや、定款が法律上問題ない形で作成されていることが証明できます。
 
・確定日付の付与
 
確定日付とは、その文書がその日付において存在していたことを証明するものです。これにより後日、偽造や改ざんがされていないかなど紛争の発生を防ぐことができます。さくらソーシャルレンディングでも証書(文書)証明のため確定日付を公証役場で付与していただいているものもあります。
 
なじみの少ない公証役場ですが、個人の方であれば遺言書の作成や離婚契約、任意後見人に関する契約や尊厳死宣言の公正証書の作成も最近はあるそうです。
 
怖いのかな?・・・よく分からなかったら怒られたりとか?・・・と、緊張しつつ電話で予約し訪問したのですが、電話の際にも必要書類を丁寧に教えてくださりましたし、事前に書類をFAX等で確認したりもしてくださるそうです。
 
私の説明にも耳を傾けてくださって、とっても優しかったです。公証人の先生も、丁寧に内容を説明してくださいました。日によっては予約がいっぱいということもあるとのことでしたが、電話をして予約・内容を説明して必要な書類等を教えて頂く事をお勧めします。
 
次回は公正証書についてご説明したいと思います。
 
季節も秋に突入!秋といえばスポーツに読書とありますが、やっぱり私は食欲でしょうか。フルーツや栗もお芋も南瓜も何でも美味しい時期ですよね!お勧めがありましたら是非教えてくださいね。
 
 
さくらソーシャルレンディング
事務局 MIKI

 

10月 15日

【ビギナー様向け】公証役場ってどんなとこ?

sakura_blog_181015

  こんにちは、さくらソーシャルレンディング運営事務局のMIKIです。   今回は「公証役 … “【ビギナー様向け】公証役場ってどんなとこ?” の続きを読む

続きを読む

0

「コスプレイヤーのご用達!貸スタジオを視察!」

0929_01

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。

今回は、以前募集いたしました「さくら関東(東京)セレクトファンド21~23号」の運用レポートです。

https://www.sociallending.co.jp/fund/detail?fund_id=290

この案件は、事業者N社さまへの店舗サブリース資金として融資された案件です。

ところで「サブリース」とは、賃貸人に代わりサブリース事業者が物件を借上げ、内装などを施し、賃貸人に転貸することをいいます。賃貸人は、物件取得費や内装資金などの初期コストを大幅に抑えられ、事業をスムーズに展開できるというメリットがあります。サブリース事業者は借上げた家賃プラス内装等の設備資金に金利相当を加えたサブリース料を、家賃として賃貸人に請求する仕組みです。

今回の対象物件は、名古屋市中心地にあり最寄駅から徒歩2分の好立地にありましたが、老朽化が進み、テナントの入居が難しい物件でした。しかし、老朽化が進んだ物件でも「ビジネスチャンスを生む物件」と捉え、活用する会社があります。

この会社は、大阪・東京を中心にコスプレイヤーが撮影として利用する貸スタジオを運営する会社です。このビジネスは地方にもある古い物件の新たな活用方法として今後注目されると考えています。親会社は、アニメ関連のグッズ販売などを手掛ける非常に優良な企業で、信用力も高く全国各地に事業展開しています。私は彼らの事業そのものに非常に興味を抱きました。

彼らのユーザー会員は、日本全国で15万人を超え、各地でコスプレイベントを開催し、一日に数千人の集客を実現しているという優れたノウハウを持っている会社でした。社長をはじめスタッフの多くは若者で、仕事を楽しんで取り組んでいるのが好印象でした。

彼らの強みは、スタジオ内の撮影ブースをリアルに演出し「本物使用」のセットに作り上げることです。競合他社は存在しますが、他社を圧倒するハイレベルなコンテンツ創りが強みで、20セットほどのコンテンツに合わせて定期的に撮影ブースのリニュアルを行い、ユーザーを飽きさせない取り組を行っています。

「コスプレイヤーのご用達!貸スタジオを視察!」

ユーザーは事前にウェブサイトから前売り・当日チケットを購入し、運営側はスタジオの稼働状況をうまくコントロールしています。スタジオを利用するユーザーはトレンドに敏感であり、ユーザーの反応を一早く捉えるなど、ユーザー目線のコンテンツ創りは他のアミューズメント業種にも参考になると思います。

彼らの今後の事業戦略としては、東京・大阪の大都市だけでなく地方にも目を向け、この貸スタジオを多く展開し、ユーザーをより獲得するということです。また、イベントの運営ノウハウも活かし、地方などの地域おこしでコスプレイベントなど新たな地域活性化の起爆剤にもなりそうです。

ちなみに北九州市小倉では街をあげての大規模なコスプレイベントで地域の活性化に成功しています。

http://www.cosplaycossan.com/kitakyusyupcf.html

国内のマクロマーケットは、少子高齢化や人手不足といったでは悲観的な見方も多いですが、ニッチマーケットには、まだまだビジネスチャンスはあるようです!このビジネスのように、じつはもっと「熱い」ビジネスが数多く存在していることでしょう。さくらソーシャルレンディングは、そんなビジネスを発見し、案件の組成につなげてゆきます!

さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

9月 29日

「コスプレイヤーのご用達!貸スタジオを視察!」

0929_01

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。 今回は、以前募集いたしました「さくら関東(東京)セレクト … “「コスプレイヤーのご用達!貸スタジオを視察!」” の続きを読む

続きを読む

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.