Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

募集案件のお問い合わせありがとうございます!

募集案件のお問い合わせありがとうございます!
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
8月に突入し、さくらソーシャルレンディングの投資家登録も、まもなく800名様になります!
 
さて、今回は先日リリースした「さくら北海道セレクトファンド ⑭ ⑮ ⑯」に関して、投資家様からご質問を頂いた件に関してレポートします。ファンド概要の解説図や説明文だけでは理解しにくい点もあるので、なるべくわかりやすく解説したいと思います。
 
今回の募集内容は、さくらソーシャルレンディング → 関連事業B社の案件として3,600万円の募集を行い、関連事業B社は売掛債権買取事業T社に対して4,644万500円を融資しました。(差額の1644万500円はB社の自己資金になります)そして、投資家様より以下のようなお問い合わせをいただきました。
 
 
【お問合せ内容】
ひとつお聞きしたいのですが、貸付条件では担保・保証とも「無し」となっているのに、概要とスキーム説明には「担保」「保全」が設定されているのは、どのように考えればいいのでしょうか。また、代表者他2名の連帯保証となっていますが、貸付条件表では保証「無」になっています。どちらが正しいですか。
 
 
【ご回答】
さくらソーシャルレンディングと関連事業B社への担保・保証は「無し」になっているということです。この点がわかりにくかったですね。
 
では、B社への担保・保証は「無し」でも大丈夫なのか?という事が疑問になります。
 
B社はさくらソーシャルの親会社になります。B社は貸金業と不動産業を事業の柱とし、ある一定の資本を持ち事業を行っています。さくらソーシャルレンディングとしても親会社の経営内容は十分把握しており、今回のケースにおてはB社がT社への保全が十分担保できていると判断している為、このような形態になっています。B社とT社との契約においての「担保」「保証」はファンド概要に記載されている通りです。
 
時折、お問い合わせをいただくことがありますが、さくらソーシャルレンディングは貸金業の免許は得ておりません。よって、親会社2社のみへの貸付という事になります。
 
貸金業法施行令等の改正(平成26年4月1日)によりある一定の要件を満たしていればグループ間の貸付が可能となっています。
 
この親会社2社は貸金業の免許を得ていますので他社へ融資が可能です。この親会社が他社へ融資する際は「担保」「保証」がしっかり行われているという点を、さくらソーシャルレンディングが確認し、その融資金額の一部を募集案内として作成し、このプラットフォーム上へアップし皆様にご紹介しています。
 
このように今後も、わかりいやすい説明に努め、具体的にお問い合わせを頂いた内容に関して、ブログや直接メールにて回答させていただきたいと思います。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 
0

シェアハウスビジネスの可能性 ②

シェアハウスビジネスの可能性 ②
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です!
 
前回に引き続き、今回もシェアハウスビジネスのレポートをします。
 
先日ご訪問させていただいたシェアハウス事業を手掛ける事業者様は、しっかりとした独自のノウハウを持ってシェアハウスを展開されていました。
 
従来のシェアハウスは、安価な賃料設定で、狭いサイズで多くのお部屋を設け、共同生活する上での共有スペースの確保も制限している物件が大半でした。その理由は、サービスを提供する側が利回りを意識し、部屋の数を多くし、共有スペースを最小限に留め、水光熱費・メンテナンス費などの維持管理費を抑えるためでした。
 
ですから、物件の利回りを確保するために社員寮用途で利用する人材派遣業者様のように一括して借り上げてもらえる企業をクライアントにする事業者様が多く、シェアハウスに対するイメージも決して高くはなかったそうです。しかし近年では、テラスハウス(TERRACE HOUSE)などシェアハウスを舞台にしたTV番組の影響もあり、シェアハウスに対するイメージは以前より随分向上したようです。
 
今回の事業者様の物件では、入居者の年齢制限(20歳〜40歳なので私は入居できません…)を設け、コミニュティが形成されやすい部屋数にするなど、単身者のライフスタイルや価値観を認識したサービスを提供されていました。入居者同士で結婚したケースもあるとか…
 
そして驚いたのが賃料です。
 
なんと!近隣のアパートよりも高めに設定されていました。こちらのシェアハウスでは安価で使いやすいというより「入居者が共同生活することのメリットを感じさせるコミニュティの提供」をコンセプトにされていました。つまり「付加価値を提供するシェアハウス」ということです。
 
欧米の外国人も多く入居され、日本にいながら異文化コミニケーションも体感でき、共有スペースでは年齢の近い入居者同士が定期的にパーティーなどのイベントを催されているそうです。さらにこの事業者様のシェアハウスは、共有スペースの拡充を図り、シアタールームや図書室、食品庫や大型キッチンなど、入居者の日常生活がより快適になるようなサービスを提供されていました。
 
そしてもう一つ驚いたのが、この事業者様の物件利回りです。
 
なんと15%前後を実現しているそうです。高い賃料設定と高い稼働率、そして安価な物件を見つけ出す目利き力。それぞれのノウハウが合致していることが、この事業者様の強みだと感じました。
 
まだまだ日本には沢山のビジネスチャンスは眠っていますね。この先、付加価値の高いビジネスを探さなければならないことを改めて痛感しました。
 
さくらソーシャルレンディングは、このような事業者様の事業展開に参加して行きます。現在、新規口座開設を募集していますので、どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

シェアハウスビジネスの可能性 ①

シェアハウスビジネスの可能性 ①
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
先日、名古屋でシェアハウスを展開している事業者の社長様とお会いしてきました。
 
名古屋で数カ所のシェアハウス事業を行う事業者様で、いずれも平均稼働率は90%近くで推移され、順調に業況を伸ばしておられ、また社長様も若く非常に勉強熱心な好印象な方でした。
 
シェアハウスビジネスについては、不動産事業としてアパート運営よりはるかに利回りもよく、競争環境も穏やかであることから、以前から将来性を感じていました。
 
しかし「シェアハウス=寄宿舎」は、建築基準法上寄宿舎に該当するという2013年の国土交通省の見解以降、その基準に満たしていないシェアハウスを「脱法ハウス」とマスコミが取り上げたことで一部ネガティブなイメージで伝えられることがありました。
 
ところが2014年、この寄宿舎としての建築基準法が一定条件下では要件が緩和されました(長くなりそうなので詳細説明は省略させていただきます)。何れにせよ、シェアハウスは日本全国に約3,000カ所近くでき、その殆どが東京などの大都市圏です。わかる気がします。
 
大都市圏だと、ワンルームでも賃料は8万円〜10万円前後と高額で、単身者にとって負担が大きいのが現状です。上京間もない単身者にとってはリーズナブルでコミニティーのあるシェアハウスは選択肢に入る案件だということです。
 
シェアハウスのマーケットは、大都市圏かつ若者の流入が見込めそうなマーケットでしょう。しかし、大都市圏の不動産価格は著しく高く、シェアハウス事業に取り組めたとしても魅力の薄い利回り案件になります。
 
今回ご訪問させて頂いた事業者様は、その課題をうまく解決し、尚かつ入居者様に満足頂ける様な仕組みを提供されていました、次回はその内容をリポート致しますね。
 
さくらソーシャルレンディング現在案件を構築中です。アップまで暫しお待ちいただけますよう宜しくお願い致します!
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

児童発達支援サービス事業の視察行ってきました(後編)

児童発達支援サービス事業の視察行ってきました(後編)
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディング岩田です!
 
今回は、前回に引続き児童発達支援事業に関してリポートします。
 
前回は那覇市の児童発達支援事業の視察を取り上げました。「地域社会良し、利用者良し、事業者より」の三方よしの事業と思いきや、実際の運営に関しては解決しなければならない課題も存在していました。
 
事業を開始するにあたり、ある一定数の利用者を確保するまでの間、コストの先行投資と各都道府県連合会への利用料である給付金請求のタイムラグが2カ月。利用料のほぼ全てが給付金請求の為に、軌道に乗るまでの間の運転資金が重くのしかかってしまう。また、一定の資金を準備して事業の運営に取組む必要があるが、この事業もなかなか銀行融資が付きにくい事業だということです。
 
政策公庫などの創業時に無担保・無保証で借入れられる枠が500万円~1,000万円です。しかも資金使途が設備資金であれば1,000万円ほど可能かも知れませんが、この事業の場合運転資金が資金ニーズであり、そうなると500万円が無難です。
 
銀行の保証協会制度を利用する場合は、3期分の決算を経てないと審査テーブルに乗りにくい。さらに、平成30年4月以降に給付金請求の単価見直しが行われる可能性が高いとのこと。しかも下がる・・・
 
この事業も介護事業同様、事業スタート時は急速に施設数の増加がなされ、今度は施設数が多過ぎだと、新規申請に関してハードルが上がってしまうとの話も出ているようです。
 
社会性のある素晴らしい事業であり、なおかつ子育て支援を掲げる日本ですから、このような事業者様のジレンマを解消して、全力で利用者に向き合って事業ができる環境を構築しなければなりません。そのジレンマの解消こそが、低金利、長期間の融資を実行する金融機関の役目ではないかと思います。
 
今回視察に行った事業所様は、ある程度の資本を持たれて運営している事業者様でしたので、資金的ニーズはありませんでしたが、さくらソーシャルレンディングとして給付金請求を担保した一時的なファイナンスが可能ではないかと感じます。
 
その間事業所は実績を積み重ね、銀行融資に切り替えられるような準備ができれば事業者の安定的な運営が可能になるでしょう。
 
さくらソーシャルレンディングは、このような地方の資金ニーズを発掘し、安全性を担保し募集案件としてリリースできるように努めてまいります。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

児童発達支援サービス事業の視察に行きました(前編)

児童発達支援サービス事業の視察に行きました(前編)
 
こんにちは!さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
今回は暖かい沖縄に行ってきました!ちょうどプロ野球のキャンプシーズンもあって、空港のゲートを出ると地元の賑わい感が伝わってきました。
 
さて、今回の視察の目的ですが、昨年夏に那覇市に開所した「児童発達支援及び放課後デイサービス」の事業視察を行ってきました。児童発達支援事業とは、平成24年4月から児童福祉法に基づくサービスの一つです。
 
全国には公営・民間合わせ、児童発達支援事業所が約4,000カ所、放課後デイサービスは約7,000カ所も存在してるそうです。地域の障害のある児童を通所させて、日常生活における基本的動作の指導、自活に必要な知識や技能の付与または集団生活への適応のための訓練を行う施設です。
 
また、事業所は各都道府県に事業所開設の指定申請を行い、多くの申請項目をクリアーし許認可を得て運営を開始し、児童発達管理責任者を最低1名、また他に保育士、教員免許取得者、介護福祉士など専門知識を有するスタッフの配置も求められるそうです。
 
対象者は・・・
◯ 身体、知的障害のある児童、精神に障害のある児童(発達障害児を含む)
◯ 医療型については、上肢、下肢または体幹機能に障害のある児童
◯ 児童相談所、市町村保健センター、医師等により療育の必要性が認められた児童
 
この事業所では、児童発達支援を未就学児を対象とし、放課後デイサービスは学校に通っている就学児童を対象としていました。対象年齢は3歳~12歳まで、主に午前中は未就学児が通っており、午後からはスタッフが就学児童を学校まで送迎し利用しやすい環境を整えていました。
 
カリキュラムはそれぞれの事業所に特徴があり、この事業所では主に運動中心にカリキュラムを組まれていました。月~金1日1人当たり2時間制で、その間勉強や運動を行い、途中おやつタイムなどもあり、子供たちは元気に過ごしていました。
 
1日当たりの利用人数は12.5人と制限があり、手厚くスタッフが子供たちをケアしている状況です。料金の仕組みですが、利用者世帯の所得によって違いますが、利用者は最大でも1割負担で他は国の補助です。
 
この事業所は既に待機児童も出るなど、さらに2カ所目の新たな施設の準備を行っていました。他にも同様の施設が多くあるようですが、この施設は手厚いサービスによって児童の申込も増えているそうです。
 
このように、地域にも必要とされ利用者からも支持を受け、施設の収入は国からの給付金請求がほとんどで「三方良し」の事業だと思うのですが、実際の運営は軌道に乗るまでは非常に資金負担の大きい事業ということがわかりました。
 
次回はその事について取り上げていきたいと思います。
 
さくらソーシャルレンディングの新規口座開設を絶賛募集しています!どうぞよろしくお願い致します。!
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

maneoマーケット主催 投資家向け合同説明会で登壇しました。

170117_blog_iwatapsd
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
1月16日(月)19:00から東京国際フォーラムで開催されたmaneoマーケット主催 投資家向け合同説明会で、今回初めて登壇させていただきました。
 
この説明会は、マネオで投資を検討されている投資家を対象としたソーシャルレンディング各社のサービスのご紹介を目的とした会です。
 
LCレンディングの山中社長など、ソーシャルレンディング業界のキーマンに交えて多くの投資家さまの前でお話しするのは初めての経験でしたが、和やかな空気感の中でリラッスしてさくらソーシャルレンディングのご紹介をすることができました。
 
「ソーシャルレンディングで地方に花を咲かせたい!」というさくらソーシャルレンディングのVISIONを、多くの方にご紹介をさせていただく機会をいただき嬉しく思います。
 
今後もこのmaneoマーケット主催 投資家向け合同説明会にも参加する予定ですし、今後は独自の説明会も開催する予定ですので、今後ともよろしくお願いします。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.