Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

不動産買取再販事業への募集案件について

sakura-blog-kumamoto-station
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
6月に入り「さくら九州セレクトファンド9号~20号」をリリースしました。そして、多くの投資家様から支持をいただき、以下の通りで進行しています。
 
「9号~12号」は熊本市内の区分所有マンション物件→満額募集終了
「13号~16号」は長崎市内の戸建物件→満額募集終了
「17号~20号」は福岡市内の区分所有マンション物件→現在募集中!
 
さてお話は変りますが、今回は、さくらソーシャルレンディングの関連事業社であるB社の区分所有マンション・一戸建物件の「買取再販」事業についてお知らせします。これまではB社では買取再販事業社への買取資金の融資を行っていましたが、ようやく6月から自社で買取再販を事業の柱として行う体制になりました。物件買取エリアは福岡・熊本・大分・長崎を中心に、ファミリー向け区分所有マンションと一戸建を買取物件として、25~45才の子育て世代のファミリーを再販顧客ターゲットとして買取を強化しています。
 
この25~45才の子育て世代のファミリーの求めるニーズは、じつは「価格」と同様、あるいはそれ以上に「学校区」を重要視される傾向があります。「子育てをする親」としては、子供の学校区は物件購入における意思決定に大きな影響を与えます。検討する物件が地方でも人気の学校区にあり、「子育てをする親」が子供に通わせたい学校の周辺の物件を仕入れることができれば「付加価値がある物件」として販売活動はスムーズです。
 
買取目線価格はおおよそ1,500万円~2,200万円前後、リノベーション後の再販価格は2,000万円~2,700万円の価格帯です。この価格帯であれば賃貸で住むより購入した方がお得と感じられる価格帯です。B社は物件を仕入れた後、リノベーションを行い、再販するまでに約6カ月以内に完了するようなスケジュールで行っています。単一の販売利益は薄利ですが、回転率と取扱件数を多くすることで十分利益を確保できる事業として確立しつつあります。
 
さくらソーシャルレンディングでは、B社の物件仕入資金を投資家の皆さまから募集をしています。事業社B社に貸付る場合、物件の担保を一順位設定し、尚且つ物件評価にある一定の掛け目を入れて融資します。あくまでも買取資金の一部を調達する資金計画であり、リノベーションコストはB社の自己資金で行います。
 
当案件のリスクを考えるとすれば、物件が6カ月以内に販売できなかった場合ですが、その場合も販売価格を下げて再度営業をかけますが、状況によっては買取った価格で売却し元本の回収を優先して販売を行います。
 
さくらソーシャルレンディングでは、B社の不動産の買取再販における資金の募集は、定期的な案件としてリリースを予定しており、期間6カ月(早期返済あり)、利率は6.5~7%を予定しています。安定的な運用をお考えの投資家の皆さまにはお勧めな案件ですので、ご検討よろしくお願いいたします!
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

「さくら北海道セレクトファンド」募集!

「さくら北海道セレクトファンド」募集!
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
今回は「さくら北海道セレクトファンド」募集案件についてご紹介します。
 
今回の募集案件は、以前にブログでも紹介しました「診療報酬の売掛債権を取扱う事業者」への融資案件です。北海道を拠点に展開している診療報酬の売掛債権を取り扱う事業者様であり、この売掛債権は北海道内の介護事業所の確定債権です。
 
各医療機関や介護事業所などで利用者が自己負担分3割を支払い医療サービスを受けたのち、残りの健康保険対象分は国が負担してくれますが、この7割の健康保険対象分の売掛金が国から各事業所に入金になるまで「約2カ月半のタイムラグ」があります。そこで、事業所は最低3~6カ月間ぐらいの運転資金を準備する必要があります。
 
しかし、人員増に伴う採用コストや、設備の追加や修繕など、事業を運営してゆくと通常以外の資金が必要になってくるケースもあり、資金の調達方法として売掛金を活用した資金調達を行います。
 
今回の案件は、介護事業所の確定債権(健保連合会に請求済み)の売掛金のみを買取る事業者Rへ、さくらソーシャルレンディング関連会社が3,241万円の融資を行い、そのうちの2,500万を「さくら北海道セレクトファンド」として案件募集いたしました。
 
以前、ある証券会社がこの仕組みを利用し「レセプト債」として債権を発行し、多くの投資家から資金を集めましたが、結果的に230億円近い損失を出し破綻したニュースがありました。これは債権額以上に資金を集めすぎ、確定債権だけではなく多くの将来債権を買取りしたとされています。
 
ですから、今回はリスク回避のために事業所の確定債権のみを対象とし、それ以上の将来債権(先に見込まれる診療報酬)は買取る対象にしておりません。
 
さくらソーシャルレンディングは、診療報酬の売掛債権を扱う案件に関しては、確定債権に紐づく融資のみを対象とし、担保として国からの入金される債権譲渡通知を行っているので、確定債権額相当に対する融資金の回収が可能です。
 
このように考えられるリスクを回避する仕組みを講じていますが、あくまでもそれぞれの事業者が健全に事業活動を行うことが前提です。さくらソーシャルレンディングとして、それぞれの事業者が発展を後押しできるような関係性の構築も目指します。
 
これまで「さくら九州」「さくら近畿」「さくら中部」そして新たに「さくら北海道」が実績として加わりましたが、今後はさらに他のエリアの案件の開拓も頑張ります!
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

太陽光事業へのセレクトファンドのご紹介

太陽光事業へのセレクトファンドのご紹介
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です!
 
今回は、現在募集中の「さくら近畿セレクトファンド③ ④」についてレポートをします。
 
「さくら近畿セレクトファンド③ ④」では大阪の太陽光事業者様へのローン案件を募集いたしました。
 
この事業者様は、すでに多くの太陽光事業を手がけられ、同業界にも精通し、今後もさらに開発を加速したいと意欲を持たれています。
 
さくらソーシャルレンディングが本事業者様の案件を決めた理由は「非常に優れた販売力」です。すでに多くの投資家顧客から支持を得ており、案件さえ組成できれば確実にクロージングできる販売力があります。
 
物件の場所は宮崎県北部の発電容量50KW未満の低圧案件9区画です。農地であったため地目変更の手続きを行い、造成ののち施工し電力会社との連結を進めて完成品として販売するというスキームであり、本年11月頃には発電が開始される予定です。
 
平成29年4月1日以降、生産性向上設備投資促進税制は活用できなくなり、一部一括償却の節税メリットはなくなりましたが、投資利回りとしてはまだまだ魅力はあります。
 
また、FIT改正法により事業者は具体的にIDの認定手続きと接続契約締結、その後事業計画提出などの一連の手続きを経て得た高いFIT価格(36円・32円)案件は、数も少なくなりプレミアム物件になっています。
 
今回の案件は、FIT価格(買取価格)36円、さらにパネルの過積載が可能な案件のために損失係数を加味しても利回り10%は最低確保可能な魅力的なプレミアム案件です。
 
さくらソーシャルレンディングは、このような優良な物件でありながら、すでに物件の購入見込顧客をもつ事業者様への取り組みを進めて行きます。
 
事業者様の会社訪問を終え、久しぶりに道頓堀に立寄りました。そして、道頓堀の訪日旅行者の数に驚きました。大阪では東京よりも人の活気を感じ、大阪のホテル不足の理由を垣間見る光景でした。
 
大阪・京都を中心とした近畿地方のインバウンドビジネスについて、ビジネスチャンスの匂いを強く感じる出張でした。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

「さくら九州セレクトファンド③④⑤⑥」繰上弁済のお知らせ

「さくら九州セレクトファンド3456」繰上弁済のお知らせ
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
さくらソーシャルレンディング“のサービス開始から3か月が経過しました。おかげさまで、投資家口座登録は550名の投資家様に開設いただき、ローン成立残高も1.8億円になりました。口座登録並びにローン募集に投資をいただいた皆さまには改めてお礼申し上げます。
 
ところで今回のブログでは、2017年1月13日にローンファンド募集をさせていただいた「さくら九州セレクトファンド③④⑤⑥」が、当初予定より1カ月早く返済をさせていただくことをお知らせいたします。すでに本案件に投資いただきました投資家の皆さまにはメールにてご案内をさせていただいています。
 
さくらソーシャルレンディングは投資いただきました資金の安全な運用を第一に考えていますので、本件のように予定より早く返済させていただく際は、ローンの返済後速やかに投資家様の口座へ返金処理をいたします。
 
まもなく新たな募集案件をリリースさせていただく予定です。募集に際しては細心の注意を払って案件の組立をしておりますので、募集要項をご確認のうえご是非ご検討いただきますよう宜しくお願いいたします。次回の募集予定は、大阪の太陽光事業者さまの案件である「さくら近畿セレクトファンド」です。
 
街では桜の開花時期になりました。今年は例年に比べ開花が一週間程度遅くなっているということですが、私がいる九州では五分咲きで今週から本格的に満開になっていくようです。4月中旬にかけ徐々に関東の方まで桜前線が北上し、北海道への到達はちょうどゴールデンウイークあたりのようです。その頃には九州には初夏が訪れています。
 
さくらソーシャルレンディングの案件にご投資いただいた投資家さまにも「サクラサク」春が訪れることを祈念しております。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

「さくら中部セレクトファンド5・6号」現地視察リポート

「さくら中部セレクトファンド5・6号」現地視察リポート
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
今回も改めて募集を開始しました「さくら中部セレクトファンド5・6号」の現地視察リポートをお伝えいたします。
 
今回募集している案件は、前回同様の関連事業者N社が不動産事業者NC社に対して浜松市内、宇都宮市内の不動産を購入する資金に対する融資案件です。
 
前回は浜松の案件リポートでしたが、今回は宇都宮の物件をリポートします。
 
今回はクルマで東京から東北道を北上し、県庁所在地である宇都宮市へ約2時間で到着しました。
 
その県庁のすぐそばの利便性のいい場所に今回対象とする物件があることを確認しました。現在は更地ですが、今後はアパートや戸建ニーズのある物件でした。
 
そして、視察のあとで宇都宮の定番「宇都宮餃子」もいただきました!感想は・・・「安っす!」6個300円!
 
宇都宮も浜松同様新幹線が停車する街で、東京から1時間程度でアクセスできる利便性のいい場所です。
 
私は九州がベースなので飛行機による移動が多いですが、宇都宮も浜松も飛行機を利用する方はちょっと・・・特に海外旅行する方は大変ですね。
 
さて、さくらソーシャルレンディングは、それぞれの地域の案件を創出することをコンセプトにしていますが、地域の特性や案件ニーズには理由があり、実際に現地に赴き確認することの重要性を改めて感じています。
 
ですから、今後も現地視察のリポートを行っていきます。案件を特定するような具体的な内容はお伝えできませんが、そこはご了承ください。
 
「さくら中部セレクトファンド5・6号」は、運用期間1年、運用利回7%(期限前返済あり)の条件で募集を開始しています。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

「さくら中部セレクトファンド3号」の現地視察リポート

「さくら中部セレクトファンド3号」の現地視察リポート
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
さて今回は「さくら中部セレクトファンド3号」の現地視察リポートをお伝えします。
 
この案件は、関連事業者N社が不動産事業者NC社に対して浜松市内の不動産を購入する資金に対する融資案件でした。
 
浜松といえば「浜名湖」「うなぎパイ」ぐらいの知識しか私にはありませんでしたが、じつは浜松市には日本を代表する企業が多く存在しています。例えば…
 
・ヤマハ発動機
・ヤマハ楽器
・SUZUKI
・河合楽器
・HONDAも浜松発祥だそうです。
 
このように多くの企業が存在し、新幹線も停車するなど、浜松市人口80万人は都市として非常に魅力ある土地だと改めて感じました。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

中部エリアからのリリースが整いました。

006
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
1月6日のブログでお伝えしました通り、年始案件「九州セレクトファンド5・6号」の募集を致しましたが、早々に募集案件早期募集完了いたしました。ご応募いただいた皆さま、ありがとうございました。
 
そして今回は、中部エリアからのリリースが整いましたのでお知らせします。
 
「さくら中部セレクトファンド1・2号」
 
事業社は建売販売を行う中小企業です。年間5・6棟のアパートや土地を仕入れ建売する事業業者です。規模は大きくありませんが、長年地域に根ざした事業を行っています。さくらソーシャルレンディングは、こういったコツコツと事業を営まている事業業者を応援して行きたいと考えています。
 
私も毎月、名古屋に出かけていますが、名古屋駅周辺の開発は東京の大手町や丸の内と同様に洗練された都市に生まれ変わり、全ての機能が名古屋駅に集中しているかのように感じています。
 
名古屋は交通の利便性が良く、東京から新幹線で一時間半、大阪から一時間以内で到着し、双方の大都市に容易に手を伸ばせる素晴らしい都市だと思います。また、セントレア空港は名古屋駅からの利便性もよく国際線発着する綺麗な空港です。さらに、リニアモーターカー開通後も名古屋の経済的発展は期待できます。
 
約10年後、2027年にはリニアモーターカーの開通が予定され、品川・相模原・甲府・飯田・中津川・名古屋に停車するようですので、飯田・中津川などの中部地域も注目です。
 
当然ですが、地方の発展には第一にインフラの整備が大きく鍵を握ります。ですから、インフラの整備が期待できる中部エリアに注目し、さくら中部セレクトファンドの継続した案件をご提案できるように努めてまいります。
 
【maneoマーケット㈱主催】 投資家向け合同説明会 開催のご案内
https://www.maneo.jp/apl/seminar?id=86
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

さくらソーシャルレンディング1号案件募集開始!

002
 
 
投資家の皆さま、こんにちは!さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
すでに告知させていただいた通り、さくらソーシャルレンディングはマネオグループより8番目のプラットフォームとして、12月16日にリリースいたしました。おかげさまで、リリース直後から多くの口座開設のお申込みをいただき、感謝の気持ちと責任を感じています。
 
そしていよいよ今回は、投資家の皆様に案件募集のご案内を開始いたします。
 
さて、最初の案件は「さくら九州セレクトファンド」としてリリースさせていただきます。1・2号案件は不動産を担保として、しっかり保全の効いた安全性が高い募集案件です。事業者さんが沖縄なので「さくら九州セレクト」からの案件になっています。
 
3・4号は、低圧の太陽光案件です。(土地付き)これも買い手が付いている案件で、出口の見えたしっかりとした案件です。
 
まずは、より保全や出口の見えている短期の案件を中心にアップいたします。
 
「地方創生」をコンセプトに、ピンクをイメージカラーにしたサイトデザインですが、今後、さくらの特色がより出せるよう、さらに魅力のある案件を提供できるように努力してまいります。
 
次回案件は「さくら中部セレクトファンド」「さくら北海道セレクトファンド」を準備していますので、こちらも案件がまとまり次第ご案内させていただきます。
 
記念すべき1・2号が沖縄からスタートし、3・4号が鹿児島と南から徐々に案件を北上させて行きたいと考えておりますが、北陸や東北の地域などパートナーさんが不在のエリアもあり、そちらの開拓も強化して行きます。
 
投資家の皆さま、今後とも「さくらソーシャルレンディング」を、よろしくお願いいたします。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.