Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

5月 22日

伊勢志摩の地方創生リポート②

伊勢志摩の地方創生リポート

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
前回に引き続き、今回も伊勢志摩の地方創生レポートをお伝えします。前回の伊勢志摩の概略に続き、今回は具体的に何ができるのかをお伝えします。
 
さて志摩半島一帯は、1946年に伊勢志摩国立公園として指定されました。その伊勢志摩国立公園内にある英虞湾賢島は、真珠養殖業の発祥の地として100年以上も前から養殖業が行われ、高度成長期には島全体も大いに賑わい「宝石の島」と呼ばれたそうです。しかし、昭和50年代から平成にかけて真珠を扱う産業は大きく衰退しました。その原因は、養殖真珠技術の普及により海外で大量に養殖されたことで、取引価格が暴落したこと。またこの地域の海水汚染による真珠貝の死滅などで多くの真珠生産者がダメージを受け、産業としての規模が小さくなったことです。そして現在は、生産規模を縮小し家族経営で養殖真珠の生産を継続しているのが現状のようです。
 
この英虞湾は昔から真珠の養殖で盛んだった穏やかな海に囲まれた場所であり、真珠の養殖業としてとらえる場所から、自然資源を活かした場所として着目できれば、改めて地域の活性化につながるではないかという有志の方々もいます。自治体もまた新たな観光振興策に関して積極的な動きを見せており、自治体と有志の方々が協力して盛り上げていける環境も揃っているようです。
 
ちなみに規模は違いますが、一昨年より瀬戸内の地域経済の活性化・促進を観光の側面から実現させ観光関連事業の事業化と成長を後押しする「せとうち活性化ファンド」が設立されました。ファンド規模は約100億円。瀬戸内の各県の地銀や日本政策投資銀行他からの出資を受け、瀬戸内の観光産業の活性化につながる事業者へ資金面や事業面でのサポートを行うという目的のものです。
 
このような具体的取り組みはまさに地方創生を掲げる地方自治体にとって画期的なプロジェクトだと思います。それに比較して、規模は小さくともさくらソーシャルレンディングとして、何ができるか?さくらソーシャルレンディングはレンディングが主業なので、まずは不動産関連の取り組みは可能です。
 
例えば、ロケーションのいい場所の建物や土地を活用した宿泊施設の開発に関しての不動産担保融資です。優秀なオペレーターとプロジェクトを組み不動産事業者が開発し資金の貸付を行う。また出来上がった施設を、オペレーターが事業として営み、トラックレコードができれば銀行へ借り換えする。あるいは、英虞湾を前に別荘気分を味わえる宿泊施設でBBQや海でのアクティビティーなどで楽しみたい・・・と、いうニーズは誰しもが持っていると思います。
 
このような案件を一件ずつ増やしていくことは現実的に可能です。地域活性化の小さな一端を担っていく。このような案件を積極的にさくらソーシャルレンディングは扱っていきます!
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.