Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

5月 08日

伊勢志摩の地方創生リポート ①

blog-170508

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
GWは、いかがお過ごしでしょうか?
 
今回は、三重県伊勢志摩の地方創生案件についてレポートします。
 
名古屋に本社を構える自動車部品メーカーの社長様のご案内で、伊勢志摩の地方創生に繋がる事業構想を実際に現地視察を交えて行ってきました。さくらソーシャルレンディングとして具体的に地方創生に絡む案件になるので期待に胸膨らませ現地に赴きました。
 
名古屋駅から近鉄電車で約2時間、渋滞がなければクルマでも約2時間の、2016年G7サミットが行われた三重県志摩市賢島が今回の視察地でした。ちなみに、賢島から伊勢神宮までは車で1時間弱のようです。その伊勢神宮を訪れる年間参拝者数は1,000万人!過去に一度、伊勢神宮に訪れた事がありますが、神聖な空気が流れる崇高な場所でした。
 
志摩市賢島は三重県志摩市の英虞湾に浮かぶ島です。近鉄が近鉄志摩線を結ぶなどして近鉄グループで賢島を開発している感じの島内には、志摩マリンランド、賢島宝生苑などのレジャー施設、2016年に伊勢志摩G7サミットの開催場所となった志摩観光ホテルがあり、大手企業の保養所なども多く点在しています。ちなみに、この「志摩観光ホテル」はいわゆる宮内庁ご用達ホテルであり、作家山崎豊子さんの「華麗なる一族」の舞台になった由緒ある場所です。個人的にすごく行きたかった場所だったので、今回仕事で訪れることができて良かったです。
 
ここはリアス式海岸で有名な場所で、海も穏やかな景色のいい場所です。そこにある「賢島大橋」は日本夕日百選にも選ばれ10~11月の夕日はいかだの海に映えて一年で一番美しい景色になるそうです。賢島がある英虞湾は真珠の養殖有名であり、また「アオサ」と呼ばれる青海苔の生産も盛んなようです。
 
そんな自然観光資源盛り沢山な賢島を中心とした伊勢志摩の地方創生案件をどのような形で進めていくのか?その内容は次回書かせていただきます。さくらソーシャルレンディングとしてどのような関りができるのか考えてみたいと思います。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.