Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

4月 18日

“富士重工業株式会社”はなくなったのか?

"富士重工業株式会社"はなくなったのか?

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
今回は大手自動車部品会社の社長様から「群馬県太田市は今後期待できるマーケットになるよ」とのアドバイスをいただき、どんなところだろうと視察に行きましたのでレポートします。
 
太田市までは東京から東北道を使い約2時間弱、電車だと1時間半程度です。
 
富士重工業株式会社の発祥の土地であり、総人口は約22万人です。もちろんその方々の中で富士重工業にお勤めの方も多く、さらに関連会社や取引会社にお勤めの方を合わせると、すごい人数の富士重工業のステークホルダーが太田市で暮らしておられことになります。富士重工業の本工場、矢島工場、大泉工場で働く従業員数だけでも1万人にのぼるそうです。
 
その”富士重工業株式会社”がなくなったのを皆さんご存知ですか?
 
“なくなった”といっても倒産したわけではありません。4月1日付けで「富士重工業株式会社」から「株式会社SUBARU」に社名変更したそうです。
 
そんなニュースを見て、改めてSUBARUの最近の株価を見てみました。すると…ここ5年で株価は7倍!円安の影響や自社株買い等いくつかの要因があったとしても、国内の自動車メーカーの中で優れたメーカーであることは間違いありません。販売台数ではTOYOTA等とは比較になりませんが、営業利益率は自動車メーカーのなかでトップで、儲かるクルマをつくれる素晴らしい自動車メーカーと言えます。
 
また日本に限らず、北米でもSUBARUの車は人気が高く「スバリスト」と言われる熱烈なファンがいるそうです。そんなSUBARUをこれからも更に注目するべきだと言うことでしょう。
 
この町にSUBARUのコアな機関が集中していると言うことは非常に魅力的です。SUBARUが成長することで、SUBARUのお膝元である太田市は市場として有望です。工場のある太田市や大泉町の人口増加率は群馬県で上位5位に入っており、雇用が増加傾向にある地域では、戸建てやアパート等の不動産開発に期待ができます。
 
確かに太田駅近郊ではまだ新しい戸建てやアパートも多く見かけられ、今後は駅周辺も開発が進むのでしょう。そうなれば、さくらソーシャルレンディングは太田市の不動産案件のリサーチをさらに継続します。
 
今後もそんな地方創生に、さくらソーシャルレンディングの案件をアップして行きます。次回は伊勢志摩の視察案件をレポートさせていただきます。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.