Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

さくら九州セレクトファンド9号~12号募集案件のその後

さくら九州セレクトファンド9号~12号募集案件のその後
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
連日報道で取り上げられています、北部九州福岡・大分への記録的な集中豪雨による甚大な被害において、多数の方がお亡くなりになり、また未だに安否不明な方も多く、朝倉・日田地域の復旧作業が本格的に進むことを心より願うばかりです。
 
さて、今回は先月ブログでお伝えしました熊本市内の区分所有マンションの買取再販の進捗に関してのレポートです。その案件は「さくら九州セレクトファンド9号~12号」で募集しました物件です。
 
6月中にリノベーションが完了し7月に入り一般に販売を開始致しました。私も現地を確認しましたが、熊本市内の東バイパス幹線道路面した利便性の高い場所で、周辺には総合病院・小学校もありファミリー世帯にはニーズの高い場所です。物件は、4LDK 95㎡ 室内は床・クロス・水回りとキレイにリノベーションされ清潔感のある室内に仕上がっていました。
 
さくら九州セレクトファンド9号~12号募集案件のその後
 
続いて、長崎市内の戸建物件、福岡博多区の区分所有物件を随時販売に向けて準備しています。皆様から投資いただいた案件がどのように活かされているかをレポートします。
 
熊本市内の物件視察を今回は大分から一般道で阿蘇を通過し市内へ向かいました。途中、昨年の4月に熊本地方を震源とする大地震に見舞われました爪痕が残されていましたが、今現在も着実に復興へむけて進んでいました。久しぶりに阿蘇を通って熊本市内に入りましたが、阿蘇を望む大自然を目の前に気持ちが癒されました。
 
さくら九州セレクトファンド9号~12号募集案件のその後
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

 
0

不動産買取再販事業への募集案件について

sakura-blog-kumamoto-station
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
6月に入り「さくら九州セレクトファンド9号~20号」をリリースしました。そして、多くの投資家様から支持をいただき、以下の通りで進行しています。
 
「9号~12号」は熊本市内の区分所有マンション物件→満額募集終了
「13号~16号」は長崎市内の戸建物件→満額募集終了
「17号~20号」は福岡市内の区分所有マンション物件→現在募集中!
 
さてお話は変りますが、今回は、さくらソーシャルレンディングの関連事業社であるB社の区分所有マンション・一戸建物件の「買取再販」事業についてお知らせします。これまではB社では買取再販事業社への買取資金の融資を行っていましたが、ようやく6月から自社で買取再販を事業の柱として行う体制になりました。物件買取エリアは福岡・熊本・大分・長崎を中心に、ファミリー向け区分所有マンションと一戸建を買取物件として、25~45才の子育て世代のファミリーを再販顧客ターゲットとして買取を強化しています。
 
この25~45才の子育て世代のファミリーの求めるニーズは、じつは「価格」と同様、あるいはそれ以上に「学校区」を重要視される傾向があります。「子育てをする親」としては、子供の学校区は物件購入における意思決定に大きな影響を与えます。検討する物件が地方でも人気の学校区にあり、「子育てをする親」が子供に通わせたい学校の周辺の物件を仕入れることができれば「付加価値がある物件」として販売活動はスムーズです。
 
買取目線価格はおおよそ1,500万円~2,200万円前後、リノベーション後の再販価格は2,000万円~2,700万円の価格帯です。この価格帯であれば賃貸で住むより購入した方がお得と感じられる価格帯です。B社は物件を仕入れた後、リノベーションを行い、再販するまでに約6カ月以内に完了するようなスケジュールで行っています。単一の販売利益は薄利ですが、回転率と取扱件数を多くすることで十分利益を確保できる事業として確立しつつあります。
 
さくらソーシャルレンディングでは、B社の物件仕入資金を投資家の皆さまから募集をしています。事業社B社に貸付る場合、物件の担保を一順位設定し、尚且つ物件評価にある一定の掛け目を入れて融資します。あくまでも買取資金の一部を調達する資金計画であり、リノベーションコストはB社の自己資金で行います。
 
当案件のリスクを考えるとすれば、物件が6カ月以内に販売できなかった場合ですが、その場合も販売価格を下げて再度営業をかけますが、状況によっては買取った価格で売却し元本の回収を優先して販売を行います。
 
さくらソーシャルレンディングでは、B社の不動産の買取再販における資金の募集は、定期的な案件としてリリースを予定しており、期間6カ月(早期返済あり)、利率は6.5~7%を予定しています。安定的な運用をお考えの投資家の皆さまにはお勧めな案件ですので、ご検討よろしくお願いいたします!
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

「さくら九州セレクトファンド③④⑤⑥」繰上弁済のお知らせ

「さくら九州セレクトファンド3456」繰上弁済のお知らせ
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
さくらソーシャルレンディング“のサービス開始から3か月が経過しました。おかげさまで、投資家口座登録は550名の投資家様に開設いただき、ローン成立残高も1.8億円になりました。口座登録並びにローン募集に投資をいただいた皆さまには改めてお礼申し上げます。
 
ところで今回のブログでは、2017年1月13日にローンファンド募集をさせていただいた「さくら九州セレクトファンド③④⑤⑥」が、当初予定より1カ月早く返済をさせていただくことをお知らせいたします。すでに本案件に投資いただきました投資家の皆さまにはメールにてご案内をさせていただいています。
 
さくらソーシャルレンディングは投資いただきました資金の安全な運用を第一に考えていますので、本件のように予定より早く返済させていただく際は、ローンの返済後速やかに投資家様の口座へ返金処理をいたします。
 
まもなく新たな募集案件をリリースさせていただく予定です。募集に際しては細心の注意を払って案件の組立をしておりますので、募集要項をご確認のうえご是非ご検討いただきますよう宜しくお願いいたします。次回の募集予定は、大阪の太陽光事業者さまの案件である「さくら近畿セレクトファンド」です。
 
街では桜の開花時期になりました。今年は例年に比べ開花が一週間程度遅くなっているということですが、私がいる九州では五分咲きで今週から本格的に満開になっていくようです。4月中旬にかけ徐々に関東の方まで桜前線が北上し、北海道への到達はちょうどゴールデンウイークあたりのようです。その頃には九州には初夏が訪れています。
 
さくらソーシャルレンディングの案件にご投資いただいた投資家さまにも「サクラサク」春が訪れることを祈念しております。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

新年あけましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。
 
 
新年あけましておめでとうございます、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
皆さま、お正月はいかがお過ごしだったでしょうか?私は地元大分に戻り、ゆっくりとお正月を過ごすことができました。地方でのお正月は静かに時間が流れていく良さがありますね。
 
ところで、私の地元大分のシンボルは「鶏」なんですが、2017年「酉年」について調べると、酉年から景気は上向くような記事を多くみかけます。実際に2017年最初の取引となった1月4日の日経平均株価は、昨年来高値を更新するなど、景気に期待できる年始となりました。
 
さくらソーシャルレンディングも、昨年末募集いたしました1・2・3・4号案件は、全て成立いたしました。そして、年始案件として「九州セレクトファンド5・6号」の募集を開始しました。
 
また、1月16日に開催されるmaneoマーケットの投資家向けセミナーには、maneo・LCレンディング・クラウドリース・アメリカンファンディング・グリーンインフラレンディングに加え、さくらソーシャルレンディングが初参加いたします。
 
そんな期待感が持てる2017年、さくらソーシャルレンディングは本格稼働の年になります。今年一年間、多くの地方の案件を創出できるように努力してまいりますので、2017年もさくらソーシャルレンディングをよろしくお願いいたします。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

さくらソーシャルレンディング1号案件募集開始!

002
 
 
投資家の皆さま、こんにちは!さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
すでに告知させていただいた通り、さくらソーシャルレンディングはマネオグループより8番目のプラットフォームとして、12月16日にリリースいたしました。おかげさまで、リリース直後から多くの口座開設のお申込みをいただき、感謝の気持ちと責任を感じています。
 
そしていよいよ今回は、投資家の皆様に案件募集のご案内を開始いたします。
 
さて、最初の案件は「さくら九州セレクトファンド」としてリリースさせていただきます。1・2号案件は不動産を担保として、しっかり保全の効いた安全性が高い募集案件です。事業者さんが沖縄なので「さくら九州セレクト」からの案件になっています。
 
3・4号は、低圧の太陽光案件です。(土地付き)これも買い手が付いている案件で、出口の見えたしっかりとした案件です。
 
まずは、より保全や出口の見えている短期の案件を中心にアップいたします。
 
「地方創生」をコンセプトに、ピンクをイメージカラーにしたサイトデザインですが、今後、さくらの特色がより出せるよう、さらに魅力のある案件を提供できるように努力してまいります。
 
次回案件は「さくら中部セレクトファンド」「さくら北海道セレクトファンド」を準備していますので、こちらも案件がまとまり次第ご案内させていただきます。
 
記念すべき1・2号が沖縄からスタートし、3・4号が鹿児島と南から徐々に案件を北上させて行きたいと考えておりますが、北陸や東北の地域などパートナーさんが不在のエリアもあり、そちらの開拓も強化して行きます。
 
投資家の皆さま、今後とも「さくらソーシャルレンディング」を、よろしくお願いいたします。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.