Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

「さくら北海道セレクトファンド」募集!

「さくら北海道セレクトファンド」募集!
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
今回は「さくら北海道セレクトファンド」募集案件についてご紹介します。
 
今回の募集案件は、以前にブログでも紹介しました「診療報酬の売掛債権を取扱う事業者」への融資案件です。北海道を拠点に展開している診療報酬の売掛債権を取り扱う事業者様であり、この売掛債権は北海道内の介護事業所の確定債権です。
 
各医療機関や介護事業所などで利用者が自己負担分3割を支払い医療サービスを受けたのち、残りの健康保険対象分は国が負担してくれますが、この7割の健康保険対象分の売掛金が国から各事業所に入金になるまで「約2カ月半のタイムラグ」があります。そこで、事業所は最低3~6カ月間ぐらいの運転資金を準備する必要があります。
 
しかし、人員増に伴う採用コストや、設備の追加や修繕など、事業を運営してゆくと通常以外の資金が必要になってくるケースもあり、資金の調達方法として売掛金を活用した資金調達を行います。
 
今回の案件は、介護事業所の確定債権(健保連合会に請求済み)の売掛金のみを買取る事業者Rへ、さくらソーシャルレンディング関連会社が3,241万円の融資を行い、そのうちの2,500万を「さくら北海道セレクトファンド」として案件募集いたしました。
 
以前、ある証券会社がこの仕組みを利用し「レセプト債」として債権を発行し、多くの投資家から資金を集めましたが、結果的に230億円近い損失を出し破綻したニュースがありました。これは債権額以上に資金を集めすぎ、確定債権だけではなく多くの将来債権を買取りしたとされています。
 
ですから、今回はリスク回避のために事業所の確定債権のみを対象とし、それ以上の将来債権(先に見込まれる診療報酬)は買取る対象にしておりません。
 
さくらソーシャルレンディングは、診療報酬の売掛債権を扱う案件に関しては、確定債権に紐づく融資のみを対象とし、担保として国からの入金される債権譲渡通知を行っているので、確定債権額相当に対する融資金の回収が可能です。
 
このように考えられるリスクを回避する仕組みを講じていますが、あくまでもそれぞれの事業者が健全に事業活動を行うことが前提です。さくらソーシャルレンディングとして、それぞれの事業者が発展を後押しできるような関係性の構築も目指します。
 
これまで「さくら九州」「さくら近畿」「さくら中部」そして新たに「さくら北海道」が実績として加わりましたが、今後はさらに他のエリアの案件の開拓も頑張ります!
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

0

都心郊外はクルマより電車が便利だった

都心郊外はクルマより電車が便利だった
 
こんにちは、さくらソーシャルレンディング 岩田です。
 
早いもので、もう2月に入りましたね。そして来月にはさくらの季節がやってきます。
さくらソーシャルレンディングでも九州と中部以外の新規案件を開拓しなければという思いで全国を飛び回っています。
新しい募集エリアとして「さくら関西」「さくら北海道」「さくら関東」の案件を調査しています。具体的に募集開始しましたら改めてお知らせさせていただきます。
 
ところで先日、埼玉県の入間市に案件の視察に行ってきました。
私は車での移動だったので国道16号の混雑により大幅に移動に時間を要してしまいましたが、案件近くの最寄駅武蔵藤沢は、池袋から西武池袋線で30分…近い…知らなかった…
初めて訪れる場所でしたが、周りにはたくさんの畑もあり、長閑な都心の郊外エリア。近くには入間アウトレットモールもあり週末の車移動はちょっと混みそう。
 
今回の視察の目的は、診療報酬の売掛債権担保に対する融資案件でした。
売掛債権担保融資は以前取り組んだことがあり十分に承知していますが、改めてリスクの調査へ。また、どういう仕組みかは次のリポートで!
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.