Index Banner

さくらソーシャルレンディング" Official blog

あなたの投資が地方を元気にする"地方創生型ソーシャルレンディング

0

太陽光事業へのセレクトファンドのご紹介

太陽光事業へのセレクトファンドのご紹介

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です!
 
今回は、現在募集中の「さくら近畿セレクトファンド③ ④」についてレポートをします。
 
「さくら近畿セレクトファンド③ ④」では大阪の太陽光事業者様へのローン案件を募集いたしました。
 
この事業者様は、すでに多くの太陽光事業を手がけられ、同業界にも精通し、今後もさらに開発を加速したいと意欲を持たれています。
 
さくらソーシャルレンディングが本事業者様の案件を決めた理由は「非常に優れた販売力」です。すでに多くの投資家顧客から支持を得ており、案件さえ組成できれば確実にクロージングできる販売力があります。
 
物件の場所は宮崎県北部の発電容量50KW未満の低圧案件9区画です。農地であったため地目変更の手続きを行い、造成ののち施工し電力会社との連結を進めて完成品として販売するというスキームであり、本年11月頃には発電が開始される予定です。
 
平成29年4月1日以降、生産性向上設備投資促進税制は活用できなくなり、一部一括償却の節税メリットはなくなりましたが、投資利回りとしてはまだまだ魅力はあります。
 
また、FIT改正法により事業者は具体的にIDの認定手続きと接続契約締結、その後事業計画提出などの一連の手続きを経て得た高いFIT価格(36円・32円)案件は、数も少なくなりプレミアム物件になっています。
 
今回の案件は、FIT価格(買取価格)36円、さらにパネルの過積載が可能な案件のために損失係数を加味しても利回り10%は最低確保可能な魅力的なプレミアム案件です。
 
さくらソーシャルレンディングは、このような優良な物件でありながら、すでに物件の購入見込顧客をもつ事業者様への取り組みを進めて行きます。
 
事業者様の会社訪問を終え、久しぶりに道頓堀に立寄りました。そして、道頓堀の訪日旅行者の数に驚きました。大阪では東京よりも人の活気を感じ、大阪のホテル不足の理由を垣間見る光景でした。
 
大阪・京都を中心とした近畿地方のインバウンドビジネスについて、ビジネスチャンスの匂いを強く感じる出張でした。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

4月 06日

太陽光事業へのセレクトファンドのご紹介

太陽光事業へのセレクトファンドのご紹介

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です!
 
今回は、現在募集中の「さくら近畿セレクトファンド③ ④」についてレポートをします。
 
「さくら近畿セレクトファンド③ ④」では大阪の太陽光事業者様へのローン案件を募集いたしました。
 
この事業者様は、すでに多くの太陽光事業を手がけられ、同業界にも精通し、今後もさらに開発を加速したいと意欲を持たれています。

続きを読む

0

太陽光発電事業案件レポート

太陽光発電事業案件レポート

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です!
 
今回は太陽光発電事業の視察レポートです。
 
太陽光などの再生可能エネルギーの普及を図るため、電力会社に再生可能エネルギーで発電された電気を一定期間、固定価格で買い取ることを義務づけた「固定価格買取制度」が始まって5年目を迎えました。
 
スタートした2012年7月当時は、1kWh/40円+税で20年間固定買取でした。ところが2017年では、1kWh/24円+税の20年間固定買取。2018年は、1kwh/21円+税で固定期間は変わらず20年間と、この5年間で固定買取価格は約半分まで下落しました。
 
一方で、太陽光設置費用は当初より20〜30%安くなり、パネルの価格も低下し、さらに発電効率も向上したことで、固定買取価格が下落したにも関わらず利回りは10%前後キープできているようです。
 
また、太陽光発電投資の最大のメリットがあった設備の即時償却について、法人も個人もこの制度で税負担の軽減ができたことがこの事業が一気に日本全国に広がった大きな要因だといえます。
 
利回りよし!節税効果あり!の魅力的な事業ですが、じつは取り扱う事業者がこの先大幅に増えることはないかも知れません。その理由は、節税効果の大きい即時償却は2017年3月までに事業化できたもので終了し、2018年4月から2019年3月末まで生産性向上設備促進税制で50%が特別償却が可能という制度に変更されてしまうからです。
 
さらに2019年4月以降は、法人税率が23.2%になるので償却の魅力ではなく、安定利回りを狙った事業というイメージに変わっていくでしょう。であれば今後は、しっかりした保守メンテナンスができる事業者様を選ばなくてはなりません。加えて、すでに売電収入がスタートし実績のある中古物件にもチャンスがありそうです。
 
先日視察にうかがった千葉県成田市近郊の物件は、固定価格買取制度(FIT)36円で設計から施工、保守管理までトータルで行える施工業者様からの視察案件でした。
 
安定利回りをのぞむ事業者様のニーズは高く、電力会社と接続契約が終了しているFIT36円または32円の物件は、これからも事業の取組みとして出てくるでしょう。
 
さくらソーシャルレンディングは、このような発展的な事業に参加して行きます。現在も新規口座開設を募集しておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

3月 13日

太陽光発電事業案件レポート

太陽光発電事業案件レポート

こんにちは、さくらソーシャルレンディングの岩田です!
 
今回は太陽光発電事業の視察レポートです。
 
太陽光などの再生可能エネルギーの普及を図るため、電力会社に再生可能エネルギーで発電された電気を一定期間、固定価格で買い取ることを義務づけた「固定価格買取制度」が始まって5年目を迎えました。

続きを読む

0

さくらソーシャルレンディング1号案件募集開始!

002

投資家の皆さま、こんにちは!さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
すでに告知させていただいた通り、さくらソーシャルレンディングはマネオグループより8番目のプラットフォームとして、12月16日にリリースいたしました。おかげさまで、リリース直後から多くの口座開設のお申込みをいただき、感謝の気持ちと責任を感じています。
 
そしていよいよ今回は、投資家の皆様に案件募集のご案内を開始いたします。
 
さて、最初の案件は「さくら九州セレクトファンド」としてリリースさせていただきます。1・2号案件は不動産を担保として、しっかり保全の効いた安全性が高い募集案件です。事業者さんが沖縄なので「さくら九州セレクト」からの案件になっています。
 
3・4号は、低圧の太陽光案件です。(土地付き)これも買い手が付いている案件で、出口の見えたしっかりとした案件です。
 
まずは、より保全や出口の見えている短期の案件を中心にアップいたします。
 
「地方創生」をコンセプトに、ピンクをイメージカラーにしたサイトデザインですが、今後、さくらの特色がより出せるよう、さらに魅力のある案件を提供できるように努力してまいります。
 
次回案件は「さくら中部セレクトファンド」「さくら北海道セレクトファンド」を準備していますので、こちらも案件がまとまり次第ご案内させていただきます。
 
記念すべき1・2号が沖縄からスタートし、3・4号が鹿児島と南から徐々に案件を北上させて行きたいと考えておりますが、北陸や東北の地域などパートナーさんが不在のエリアもあり、そちらの開拓も強化して行きます。
 
投資家の皆さま、今後とも「さくらソーシャルレンディング」を、よろしくお願いいたします。
 
 
さくらソーシャルレンディング
岩田 直樹

12月 21日

さくらソーシャルレンディング1号案件募集開始!

002

投資家の皆さま、こんにちは!さくらソーシャルレンディングの岩田です。
 
すでに告知させていただいた通り、さくらソーシャルレンディングはマネオグループより8番目のプラットフォームとして、12月16日にリリースいたしました。おかげさまで、リリース直後から多くの口座開設のお申込みをいただき、感謝の気持ちと責任を感じています。

続きを読む

Copyright©Sakura Sociallending Co.,Ltd. All Rights Reserved.